野獣軍ゴムロア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ペトゥンの森の奥深くに住む森の民の勢力。「ゴムロア」とは彼らのテリトリーを指す。
最も強い男を王とする風習があり、武闘大会のような形で国王を選出する。
装備品は至って原始的だが、自然の中で鍛え抜かれた野性的感覚と強靭な肉体は
真っ向勝負では無類の強さを発揮する。

森が枯れていく原因を探るために第一次ネバーランド大戦に参戦したが、
ある戦闘中に国王バザマが敵兵を道連れに崖から飛び降り、行方不明となる。
そのため、彼と親子同然の関係にあったクリフ・リフが急遽国王代理を務めた。

拠点


君主

『フォース』ほか

『愛しき邪悪』ほか


所属武将

『フォース』ほか

『愛しき邪悪』ほか


同盟勢力

 なし

登場作品