暗黒不死団


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ツェンバーの地に住まうバンパイア一族の勢力。
一族の中でも最も血の濃いバイアード家の者が代々王を務めてきた。
住民は多かれ少なかれバンパイアの血を引いており、同族意識の強さから国家の結束力は堅い。

大魔王ジャネスの傘下だったため人間勢力からは敵視され、
特にクリアスタ王国軍とは勇魔戦争時代からの深い因縁がある。

『フォース』~

 ジャネスの死後しばらくは新生魔王軍の同盟国としてヒロに協力。
 しかし時が経つにつれ互いの意見に食い違いが起こりはじめ、
 やがて「バンパイアを頂点とする世界集権国家」を目指して独自に軍を動かすようになった。

『愛しき邪悪』~

 魔導世紀998年、当主バイアード13世がツェンバーを出てジャドウの軍門に下る。
 これを受けた13世の娘メイミーは、父を一族の裏切り者として永久追放することを宣言。自ら君主の座に立つ。
 この一件は同族意識の強いバンパイアたちを大きく動揺させた。
 全ての種族が平等に生きる世界の実現を掲げて戦う。

拠点


君主

『フォース』ほか

 バイアード13世

『愛しき邪悪』ほか


所属武将

『フォース』ほか

『愛しき邪悪』ほか


同盟勢力

『フォース』ほか

『愛しき邪悪』ほか

 なし

登場作品