ゴブリン軍


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゴブリン族の王ブリモリンが組織した、軍とは名ばかりの野党団。
元々は魔族の配下勢力だったが、大魔王ジャネスの死に乗じて独立した。
収入を略奪によって賄っているため、周辺地域の人々を怯えさせている。

第一次ネバーランド大戦初期、同盟交渉に訪れた新生魔王軍一行を罠にかけようとするも
あえなく返り討ちにあい滅亡した。

拠点


君主


所属武将


同盟勢力

 なし

登場作品