プロミネント


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『リリーを殺した罪..その罪を償ってもらおう!』

ハイラングールを拠点とする闇エルフ達の統率者。リーガルリリーの兄。
第一次ネバーランド大戦初期においては闇エルフ軍を率いた。


人物


経歴

 温厚な妹とは異なり急進主義。
 魔導世紀968年頃、妹の反対を押し切ってジャネス傘下に入り、
 当時ウッドエルフのテリトリーであったハイラングールを占拠、闇エルフの独立を果たす。

 それ以降しばらく両エルフ族の間に目立った対立は起きなかったが、
 ある日、妹のリーガルリリーが失踪する事件が発生する。
 プロミネントはこれをウッドエルフ族の陰謀だと断定。
 妹に変わって執政を行いながら再び戦争の準備を進め、大魔王ジャネスが討たれた混乱に乗じて挙兵した。

 魔導世紀998年、リーガルリリーはウッドエルフの女王アゼレアによって保護され、彼女らの潔白が証明される。
 誤解が解けてもなおウッドエルフを信用しきっていない様子だったが、
 自然を守る使命を同じくするものとして両軍を統合する事に同意した。


 スペクトラルフォースジェネシスの時代ではアゼレアの夫にして従者。
 戦いの神として崇められるほどの存在となっている。


作品情報


初登場作品


登場作品




必殺技

黒煙障壁

関連用語


人物