ゲートオブヘブン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コリーアが超先史文明(ストーンカ帝国)の技術を応用して作った魔剣。形状は大きな鎌で、「魂を刈る鎌」と呼ばれる。
通常、生物の魂は死後冥界に「移動する」が、この鎌で刈られた魂は冥界に「送り届けられる」という。
元の開発目的は、強制進化用の魂を集めることであった。

ジャネスの地上降臨の際、プラーナが天界から持ち出して使っていた。ジャネスがシフォンに倒された際、ヒロに託される。

レプリカがいくつか存在し、うち1本はイフが使用している。また、対になるゲート・オブ・ヘルや、ゲート・オブ・ヘブ「ソ」という完全な偽物も存在する。

表記がヘ「ブ」ンだったりヘ「ヴ」ンだったりする。基本的には同じ物だが、ゲーム内に両方出てくる場合はどちらかがレプリカである。