科学


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

現実世界には存在しない非科学的なエネルギー「魔力」が物理法則として存在するネバーランドにおいても、現実世界のものと同様の科学が存在する。そしてそれは人造人間の作成を可能にするほど高度なものであったが、魔力が支配するネバーランドにおいては「魔力に代わりうるもの」でしかなく、科学主義の旗手であったガイザン亡き後はその有用性が認識されつつも、次第に廃れていった。