シーグライド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔族の貴公子。優秀な武人。
普段は冷静だが、名のある武人と出会うと湧き立つ血を抑えられなくなる。
長く人間の多種族弾圧を見てきたため、魔族至上主義者であり、魔族こそ世界を治めるべきだと考えている。
また、魔族によくある傾向として力に対するこだわりが強い。

  • 魔王軍時代
ジャドウ率いる魔王軍の、暗殺部隊の1人。
同じ暗殺部隊のアリウェスとともに、ジャドウに敗れたヒロたちを追撃した。

  • ブラッディ・フォース時代
アリウェス率いるブラッディ・フォースの中核を担う武将。
勢力旗揚げのトータスブルグ攻防戦では、傭兵部隊を捨て駒にする戦術をとって勝利した。
この傭兵部隊の生き残りであるマシリーに恨まれている。
ブラッディ・フォースが魔皇軍に統合された際、その代表として魔皇軍の幕僚に招かれた。

  • ネバーランド皇国時代
ネバーランド皇国の幕僚で、バイアードイフなどと並び、皇国の中心といえる存在。
人間と魔族に対する思いはあまり変わっておらず、ロゼの人魔共生政策には乗り気ではない。
また彼女の甘さにも不満を持っている。
独自に私兵「ソーディアン」を育成していた。

ヒロの言葉に触発され、邪法を使って密かにジャネスを復活させようとするが、ジャネスではなくカシアスが復活してしまう。
後に天魔剣を手に入れると、再び邪法を使ってジャネスを復活させたが、ロゼやヒロに破れ、ジャネスは再封印された。
この件は後に許されたようである。
ネバーランド共和国成立後、1100年にアンクロワイヤーが亡くなり、他の仲間も共和国を離れたが、シーグライドだけは共和国に残っている。

  • ネバーランド共和国時代
ネバーランド共和国軍の総司令の座にあり、首都ゴルデンでその指揮をとっている。
かつての魔族至上主義的な考えはほとんど無くなっている。
科学の廃止を最終的に判断したのは彼である。
どうも第3次ネバーランド大戦の原因を作ってしまったらしい。

  • 年齢について
『スペクトラルソウルズキャラクター真書』によれば、シーグライドは1054年の時点で48歳。
だが、これだとスペクトラルフォースクロニクルでヒロを襲った際(1003年かそれ以前)にはまだ生まれていないという事になってしまう。
ソウルズ真書の年齢が間違いか、クロニクルの出演が正史ではないゲスト出演という事になる。
1201年以後であるスペクトラルフォースジェネシスでは「200歳を越えると記憶しております」と言っているが、100歳を越えてからは数えるのをやめたとも言っており、正確な年齢は不明である。

初登場作品


登場作品





必殺技

  • パワー・エクステンション
  • 魔界粧・皇神裂衝

関連人物