ザップ・ロイ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『時がまた動きはじめている』

五勇者の紅一点で、時と空間を操る時空魔導師。
『フォース』『同2』ではガレーナの君主として魔法同盟軍を率いる。


人物


経歴

 「水の刻印」の称号を持つゴーダマーの娘であり、
 元々はジグロードシグマと共に遺跡荒らしをしていた。
 魔導世紀984年、ムゲンを倒し冥界から「世界の卵」を持ち帰った活躍により
 当時の仲間と共に「五勇者」として英雄視されるようになる。

 後に同じ五勇者であるラーデゥイと結婚。
 ソフランという娘も授かって一時期は幸せな家庭生活を送るが、
 魔族排斥思想に憑りつかれて次第に家庭を省みなくなっていくラーデゥイに愛想を尽かし、二人の仲は破綻。
 娘を夫の元に残して去り、事実上の離婚状態となる。

 第一次ネバーランド大戦が勃発すると、ガレーナの評議代表として魔法同盟軍を旗揚げしたが、
 ラーデゥイが率いる義軍イプシロイアとは隣同士だったにも関わらず、
 両者の間に同盟関係などは結ばれていなかった。

ソフランの出奔

 『フォース2』では、開戦から一年後、ソフランがカムリアからロイの元へやってくるイベントがある。
 しかし『愛しき邪悪』やその他の設定資料では、ソフランはカムリアを出た後、
 ガレーナを訪れずにそのまま旅に出てしまう。
 それを心配したロイは国政すら放棄して自らも出奔。
 魔導世紀1006年になると他の五勇者の集うクリアスタ王国軍の門を叩き、同軍の配下に加わった。

 代表を失ったガレーナはその後、あのイヌオウに牛耳られる事に……。

「水の刻印」の行方

 四源聖の中で水を司るゴーダマーの娘でありながら、自身は雷系の呪文を得意としている。
 娘のソフランは水系の術に通じているものの、「水の刻印」が受け継がれることはなかった。


作品情報


初登場作品


登場作品



必殺技

  • 天魔異界門
  • S・F・F(合体技)


関連項目


人物


用語