貿易都市デモナ・デイ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

●概要
 入り江に造られた商業都市。
 元は三つの大国へ繋がる街道の中継地点として、各国の商業ギルドの共同出資で作られた港町だったが、時が経つにつれて、国家と比肩しうる規模の独立都市となった。そのため、議会には商業ギルドの関係者が多く、実質、街はギルドが牛耳っている。しかしそれ故に、利益になるならば、種族や出生を問わず、他国に比べて、比較的に亜人への風当たりが強くない。

●人口
 5万人程度

●主要種族
 人 族:6割
 亜人族:4割

●政治形態
 それぞれの部署の長と、議長、副議長からなる議会制。

 工部:土木や工事、技術や工房などを扱う部署。
 商部:市場や貿易の制御や、経済周りを扱う部署。最も発言力が強い。
 運部:陸、海の運送を扱う部署。港を管理している。
 兵部:都市の治安維持や、防衛を担当。正規軍と自警団を管理している。
 書部:文化や図書館など、情報の保存と管理を扱う。
 財部:全体の財務を担当している。
 神部:防災担当。またヒュドミッテ教会とのパイプ役でもあり、教会からの要請を受けて、神事を担当している。

●軍事
 正規軍:500人程度
 自警団:1000人程度。有志や冒険者からなる。

●特産品
 街の北側に広がる牧場で採れる乳製品。

●施設・ギルド
 産業技術総合研究所
 魔法社
 冒険者ギルド
 商業ギルド