クー・アクヤ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 大神ヒュドミッテの双子の妹神。
 世界の環境の創造を担当し、姉神が創った生命と、自分が創った環境の共存を望んでいたが、人族による環境破壊の速度が想定外に早く、姉神が人族を止めてくれなかったので、魔族と魔物を創造し、人間族と姉神に、世界を守るための戦争をふっかける。
 魔族の強大な力は、ヒュドミッテと人間族を追い詰めたが、和議を申し込んできたヒュドミッテに罠に掛けられて依り代は殺害され、意識は封印される。
 後の世に、人間族の間では邪神として扱われ、世界に残された魔族と魔物達は、世界に外なす人間達を狩りながら、クー・アヤクの復活を目論んでいる。