※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

グレイシー川井

ステータス ス キ ル プロフィール
攻撃 7 1 逸脱者 名前の読み ぐれいしー かわい
防御 2 2 性別 男性
体力 5 3 衣装 武者甲冑
精神 11 胸のサイズ 筋肉
反応 2 格闘スタイル 天使憑依剤
FS 3 FS名 天使憑依剤ジャンキー 武器 日本刀&液状奇跡

必殺技 『アドヴェントゥス』 (消費MP:6)

効 果 : 相手に1d6×10のHPダメージを与える。

制 約 : なし

説 明 :
液状奇跡による浸透内部破壊。聖化活性した奇跡は、細胞を破壊しながら対象生命体のエッセンスを攻撃する。
当然、天使憑依中とはいえ、使用者も相応のフィードバックを負うが、川井は特に気にしていない。

キャラクター説明

世田谷の冒険者ギルド「デスペラード」の《司祭》担当。
ただしろくな奇跡を扱うことができず、破壊に特化した能力の持ち主であり、さらには天使憑依剤ジャンキー。
普段は世田谷の居酒屋でクダを巻き、来客に因縁をつけたり、店長に電動釘打ち機で撃たれたりしている。

「俺たちにはビッグな夢がある」が口癖で、ドラゴン討伐の偉業を成し遂げることを終生の目的に掲げる若者。
戦闘時は天使憑依剤により、液状化した奇跡で戦闘する。
本来は人体の治療や、アンデッドの撃退に用いるものだが、彼にそのような発想はなく、日本刀と液状奇跡によって奇声を発しながら突撃する戦術を得意とする――それしかできない。

ギルドメンバーであった少年(クソガキ)がさらわれたため、彼を追って大会に参加する。あわよくば彼を救出し、可愛い女の子を紹介してもらうことが目的だ。
なお、さらわれた少年がギルドに復帰しない場合、人数不足でギルドは解散。彼は無職となることが決定している。

エピソード

「わかった、グレイシー。発想を逆転させよう」
「ワァッツ?」

「よくある話だぜ。な、聞けよ、いいか。ほら、まず落ち着いてヤクを打て」
「アー……」

「本来、こういう話ってのはな。たとえばお姫様との婚約が栄えあるトーナメントの賞品になるケースが多い。――おい、聞いてるんだろうな」
「いい、いい。キいてるよ……キいてる……」

「ならいい。……で、そういう場合、たいがい凛々しい女騎士が男装して参加! さっそうとお姫様を助け出すものなんだ」
「ワーォ……本当だ。来た、お迎えだ。オレたちみんな助かるぜ!」

「今回はその逆でいこう。グレイシー、お前、女装しろ」
「ウープス……いい、すごくいいよ……。へへ、ジャジー……」

「お前は普段から武者甲冑きてるから、中身が誰かわかんねえし」
「なおグッド」
「顔も隠れてるし」
「ベリ・ベリ・グッド」
「あとは、兜の前立てにリボンでもつけとくか」
「なんでもこいだ……聞いたか? ……ミカエル様がオレとゲームしたいって……最高だ。オレ、ミカエル様とゲームできるなら、2コンでもいい……」

「わかった、泣くな。それ終わったら出発だからな」
「どこに?」
「ハローワークか、大会の会場か、どっちか好きな方だな」