※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『Next battle』


 夕焼けに染まる廃墟。そこには二人の少女の姿があった。
 激闘を終え、逆光を浴びる傷だらけの二人はそれでもなお、美しい。
 勝者と敗者。
 その二つを分けるのはほんの僅かの差であり、事実、一週間前ではお互いの立場は逆だった。今回でさえ、反対の結末になっていてもおかしくはなかった。
 実力の伯仲と結果の逆転は、激戦を潜り抜けた少女の成長の証。
 いや、それだけではない。
 大会参加前には知らなかった、別の強さを身に付けたから。
 前回完敗を喫したのは、相手の強さの理由──────────闘う動機を支える意思に想いが及ばなかったからだった。だが、今は違う。
 「…………私の我が儘に付き合って頂いて、感謝ですわ」
 「…………この私が挑まれた闘いから逃げる訳には行かないのよ」
 瓦礫に腰を下ろし、背中合わせの少女二人。お互い死力を尽くし、息も絶え絶えながらも決して相手に弱みは見せない。
 それは、好敵手に対する譲れない矜持。
 「まぁ、悔しいけどあんたの勝ちね……」
 「それは違いますわね」
 「…………?」
 怪訝な表情が、見えずとも背中越しに伝わってくる。
 「これで一勝一敗の引き分けですわ。そうでしょう?」
 律儀にも、愚直にも対戦成績を通算する。それに対し、問われた少女も意を悟って同意した。
 「確かにその通りね。じゃあ決着はまだ着いてないって訳か」
 それは、次なる闘いの訪れを予感させる言葉。
 だが、決して今までと同じものを意味しない。
 二人の脳裏に、同じ人物の顔が浮かぶ。言葉を交わさずとも、お互いの考えが分かる。
 「ええ、負けませんわよ」
 「その台詞、そっくりそのままお返しするわ!」
 二人の手の甲が、こつん、と合わさった。

 闘いは終わった。だが、少女たちの次の勝負は既に始まっている。
 それは絶対に負けられない戦い。拳の勝負ではない、恋する乙女の戦い──────────。

                                                   <了>