※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

とあるお嬢の中指直立(とあるおじょうのファックですわよ)5ターン目『少年(であい)』


カツッ カツッ カツッ
トコ トコ トコ

……

カツッ カツッ カツッ カツッ
トコ トコ トコ トコ

~~っ!

カツッカツッカツッカツッカツッ!
トコトコトコトコトコ!

「~~っ! あーもう! 何で付いて来ますの?」

===========================

~~とあるお嬢の中指直立(とあるおじょうのファックですわよ)~~

5ターン目『少年(であい)』

===========================

何でこんな事になったんだっけ。
季節はもう冬。
吹き抜ける風は些か肌寒いが、身を貫くような冷風は頭をスッキリとさせてくれる。
考え事には向いているのかもしれない。
ひんやりとしたベンチの座り心地を感じながら、視線を宙に泳がせる。

確か……。
初戦はリオレイア希少種。
竜の猛攻を耐え凌ぎ、蹴り倒した。
次いで、猛信寺うのみ。
噂に名高い雪合戦部の実力者であったが、どうにか辛勝。
うん。ここまではOK。
分からないのは――――

「……?」

宙に泳がせていた視線を遮るように、隣に座る少年が、不思議そうに顔を覗き込んでくる。
その顔立ち。
その声。
その仕草。
一見、可愛らしい少女に見間違う程であるが、確かに男の子である。
年は自分と同じくらい、もしくは若干年下であろうか。
にこにこと絶やされない笑顔は、より幼い印象を与えてくる。
分からないのは――――
――――何で自分はこの少年に懐かれているんだろう、ということだ。



「はい、どうぞ。キミの分」
「ありがと……ですわ」

ビニール袋から取り出されたお茶とおにぎりを受け取りながら、緒子はある一つの事実に気づく。

……。

…………。

………………。

(このおにぎり、どうやって開けるのでしょう……)

コンビニのおにぎりを初めて食べる緒子にとって、
正しい開け方等知る由も無く。
見よう見まねで開けてみようとするが――――

「あっ……」

――――海苔が破けるだけであった。それはもうビリッビリに。

「さ、流石にその開け方は大胆すぎるんじゃないかな」
「う……、うるさいですわ! 初めてなんですもの。 仕方無いでしょう!」
「コンビニのおにぎりが初めてって……。どこまでお嬢様なの」

少年は笑う。
くっくっと。
緒子は怒る。
ぷんぷんと。

「――――いいよ。 ちょっとゴメンね?」

そういうと少年は、覆い被さるように緒子の背中に身を預け、背後から回した腕で真っ白な緒子の両手を掴んだ。

「ふぇっ!?」

「まず、ここのビニールを引っ張るでしょ?」
「……こ、こうですの?」

「うんうん、上手だよ。次に手を持ち替えて、こっち側の包装を引っ張る。力は入れなくていいからね」
「力は……入れずに……」

「凄いね。初めてとは思えないよ。最後は、また手を持ち替えて、反対側の包装を剥くだけ」
「手を持ち替えて……さっきと同じように……で、出来ましたわ!」

見よ!
このキレイなおにぎりを!

「うん。とってもキレイだよ」
「お、煽てても何も出ませんわよ!」

緒子は、久しぶりに笑った。
熾烈な戦闘を繰り広げてきた緒子が、久しぶりに見せた笑顔。
束の間の安息。束の間の休息。
この時ばかりは、戦いの事など忘れ、一人の少女へ戻ったのだろう。
―――近づいてきた彼女の存在に気づけなかったのだから。

「――――大会中に逢引とは。紫ノ宮嬢も隅に置けない」


「……お久しぶりですわ。生徒会長さん?」

天奈瑞。
黒に身を包んだ男装の麗人。
妃芽薗学園生徒会長にして、大会随一のトリックスター。
そして、緒子にとって、苦い敗戦の味を教えた女性。

「ああ、久しぶりだね、紫ノ宮嬢。仲の宜しいことで、全く羨ましい限りだ」

背にもたれた少年の腕をゆっくりと払い。
緒子は静かに立ち上がる。

「……ちょっとだけ下がっていて欲しい。ですわ」

少年が黙って頷くのを確認し、緒子は構えを取る。
その姿は、鞘に収めた刀に手をかける動作に等しい。
いつでも抜ける。
張り詰められた緒子の緊張感を断ち切ったのは、意外すぎる一言。

「……いや、今日は止めておこう。 私は立ち去ることとするよ」
「……ふぇ?」

「聞こえなかったかな? 君とは戦わないと言ったんだ」
「……どういうつもりですの?」

「君は傷ついているからね。お互い万全な状態でぶつかりたいものだ。それに――」

黒の麗人は淡々と言葉を続ける。

「それに――――私は君の事が好きだからね。嫌われたくない」

真剣なのか、冗談なのか。
その声色からは感情を読み取らせない。

「それともう一つ。 昔から良く言うだろう? 人の恋路を邪魔する奴は、馬に蹴られて死んでしまうからね。最も――」
「――最も、蹴ってくるのは馬ではなく、君だろうけどね」

皮肉めいた冗談を残し、天奈瑞はその場を立ち去っていった。
いつかまた、彼女と決着を着ける時が来るのかもしれない。
否応にもそんな思いを胸に抱かせる。

「……ね、ねえ? 今の人は……?」
思いつめた顔の緒子を、心配そうに覗き込む少年。

「天奈瑞。喰えない女性、ですわ」
「……天奈瑞。そっか。 そう言えば、君の名前も教えてよ」

ああ、そうだ。
そう言えば、自己紹介をしていなかった。

「緒子。紫ノ宮 緒子ですわ」
「緒子。可愛い名前だね」

ああ、そうだ。
そう言えば、この少年の名前すら知らなかった。

「僕? 僕の名前はね――――」

ああ、そうだ。
これを機に――――。

これを機に――――
緒子の物語は大きく変わっていったんだ。