※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<絡新婦の仔 -Nephila Quelaag->

ステータス ス キ ル プロフィール
攻撃 35 1 半妖 名前の読み じょろうぐも の こ
防御 1 2 幸運の星 性別 女性
体力 15 3 衣装 雅絢爛ミニスカ和装
精神 5 胸のサイズ 薄い
反応 9 格闘スタイル 全方位忍術師
FS 6 FS名 持ち歌 武器 忍者刀「伊勢守」(いせのかみ)
着衣 7 移動パターン 固定型
過去 鴻畔

必殺技 『万手沙華』 (消費MP:2)

効 果 :弱攻撃+弱攻撃+弱攻撃

制 約 :
  • 着衣ポイント1消費(上限も1低下)
  • 使用ラウンドは回避不可、ガード不可

説 明 :
忍者刀を針に見立て、建物の壁や樹木や地面など、ありとあらゆるところへ糸を縫い付ける。
縦横無尽に張り巡らされた糸を武器に、ときに足場に、立体的な軌道で敵を追い詰め、
予測不可能な多重攻撃を仕掛けることを可能にする。
テレビ映りを気にしなくなった彼女の、これが本当の格闘スタイル。
糸は、衣装を解いて用いているので着衣ptを消費する。

キャラクター説明

江戸時代後期。天保の大飢饉真っ只中。
山中に隠れ棲む魔人の女と、麓の里に住む青年の間に生まれた女の子。
「あれは男を誑かす女郎蜘蛛に違いない」
「生まれた子にも妖怪の血が混じっている」と迫害を受けて育った。
里に居場所はなく、さりとて飢饉のさなか生きていくには人に頼るより他になく。
半妖、半妖と蔑まれ過ごすうちに、本当に自分は半妖であると信じるようになった。
それが、彼女の魔人覚醒の原点である。

齢、おおよそ180歳。容姿に老いの気配はない。
自分は半妖なので長生きなのだと信じている。
現代に至るまで山奥で細々と暮らしてきたが、ついに都市化のうねりが押し寄せ、工員と衝突。
その際、人間と魔人の合間を取り持つことを信条とするエージェント・南瀬弘市にスカウトされ、都会へ出ることを決意した。
人生初就職である。

趣味は子どもと遊ぶこと。
妖怪としての気配を消して人間になりすまし、よく人里へ降りていた。
自らをお姉さんと呼称し、子どもたちとかくれんぼや鬼ごっこをする摩訶不思議な女性、という伝承が地元に残っている。

就職後は同僚に恵まれ、社会人バンドサークル「不忍不転」を結成。
ちなみにメンバーは全員、
http://www49.atwiki.jp/dangerousss3/pages/42.html
このへんのキャラ。

髪の毛を金に染めたり派手な衣装を着ているのは、
テレビに映るからと張り切った結果。
普段の彼女は、忍者然とした全身上から下まで真っ黒スタイル。
でもやっぱりミニスカ和装。

世界格闘大会に参加したのはただ仕事としてであり、
賞金や副賞は依頼主に明け渡す予定であったが、気が変わったらしい。
組織の庇護を離れ、単独行動を開始した。
どうやら賞品の少年にご執心の様子。
彼女はこれまで、マトモな恋などしたことがなかったはずだが、さてはて。


[ダイス目]
1.回避
2.弱攻撃
3.弱攻撃
4.強攻撃
5.強攻撃
6.必殺技

スペシャルスキル

  • 『半妖-Half Blood-』
    • ステータス値+7

ドロップアイテム

  • 『ラブ・チョーカー』(PC転校生共通ドロップ)
    • 使用するPCの最も高いステータス+10(同値が複数ある場合は指定できる)
    • 再起不能率+10%(永続)