※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鏑木諒子 5ターン目終了SS


「私ってヤツは本当に……」

公園のベンチ。うなだれる少女が一人。
11月の寒空の下にもかかわらず、半そで調理服姿の鏑木諒子である。
大会の規定により一部例外を除いて、衣装は運営により認められた物しか着用が認められていないのだ。

しかし今の彼女にとっては寒さなど、どうでもいいことであった。
心に重くのしかかっていることがあったからだ。

「また…何もできなかった……。」

握り締めたコブシを見つめて、今までの闘いを思い出す。

転校生達―――――
女王蜂。狂気の魔女。聖女さん。

誰も守ることができなかった。
それどころか唯一人のクエスト参加者を止めることすら、自分にはできなかった。

いずれも、決して勝てない勝負ではなかった。
それでも、自分は負けたのだ。
そんな自分の情けなさを考えていたら―――。

諒子はコブシを額に当てて、唇を一瞬だけ強く噛みしめた。

「つーか寒ッ!服引っぺがされる系のイベントなのに、こんな寒い時期まで食い込んでんじゃないっつーの!」

誰が見ているわけでもない。そんなことは分かっている。

それでも、彼女は泣かなかった。
泣くわけにはいかなかった。
闘いはまだ、終わってはいないのだから―――。

「はぁ~…。」

涙の代わりに大きなため息を吐き出し、空を見上げた。星ひとつ見えない都会の空を。
そして、真っ直ぐと人差し指を伸ばすと、天に向かって大きく叫んだ。

「神様!どうにもあんたは!私を負け犬にしたいようだけどな!」

なんとも馬鹿馬鹿しい光景ではあったが、少女の瞳には一点の曇りもなければ迷いもない。

「どんなに私が弱くても!どうしようもないバカでも!この心だけは絶対に曲げない!」

人々は後に、彼女をこう呼ぶこととなる

「貫いてやる!私自身の生き方を!」

《宇宙一カッコイイかっこ悪いバカ》と。

                                           完

鏑木諒子……宇宙一カッコイイかっこ悪いバカ