※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■キャラクター名
!林紅虎

■怪我の治療
なし

■移動先
病院

■技(ダイス目1)
強攻撃

■技(ダイス目2)
強攻撃

■技(ダイス目3)
強攻撃

■技(ダイス目4)
強攻撃

■技(ダイス目5)
強攻撃

■技(ダイス目6)
強攻撃

■連戦
する

■使用アイテム
ティアドロップ

■行動内容

病院へ行き、ナース服に衣装チェンジして戦う。

転校生とは絶対に連戦でも戦わない
以下のキャラのどれかがいれば戦う。
(優先度は上から順)

01 迷ド探偵たまき
02 魔技姫ラクティ☆パルプ
03 宇多津 泡沫
04 グレイシー川井
05 リオレイア希少種
06 めがみ
07 クリムゾンロータス
08 庵白彩
09 ルーシー
10 神藤振子

HP180以上のキャラ、一発で150ダメ以上の必殺技持ちとは戦闘を割ける。(勿論転校生と戦うぐらいならこちらと戦う)
連戦は転校生以外と可能であればする。
連戦の優先度は残りHPが少ないキャラ優先。


【行動提出ss】

もう何も……。

見えない。

聞こえない。

狂気に走った魔人公安、南の銃弾から命からがら逃れた紅虎(ホンフー)を待ち受けていたのは、「闇の守護者」なる恐るべき手練れであった。

「闇の守護者」から繰り出される暗殺拳を前に、奮戦空しくあっという間にノックアウトされてしまった紅虎。

それだけではない。

目は「闇の守護者」が繰り出したナイフによって切り裂かれ、その視力を失った。

耳は「闇の守護者」の拳の衝撃により、一切の聴覚を失った。

一切の光と音を失い、暗闇の世界へと堕とされた紅虎。

だが、最も失われつつあるものは、身体の感覚よりもむしろその心であった。

何故自分がこんな目に合うのか? 一体自分が何を間違えたというのか?

もはや、それに答えるべきものはもう誰もいない。既に先ほどまで心の光としていた師からの呼びかけも、今の自分の身には届くこともないだろう。

心、既に折れかけた紅虎。行くあてもなく彷徨い、いつしか気を失った彼女は、そのままどこへ向かったのか。



時は立ち……。

紅虎は、気が付いたらある暗闇の部屋の中にいた。

もっとも既に目が見えない紅虎には部屋の明るさなど、既に関係ないのだが。その部屋が元から暗いのだ、ということはなんとなくわかった。

一体何故自分がこんなところにいるのか。

あれから何があったのか。

紅虎はまるで知る由もない。

ただ一つ、私からここに記すことのできる紅虎の変化。

それはその身に眼鏡と一着のナース服が身に付けられていることだけであった。