ヘビィボウガン【G級】>テオ=フランロンガ RARE10 /G級


攻撃力:
【SD】435【PB】478【リミ解】493 【リミ解PB】541
会心率:15%
スロット:○--
リロード:やや遅い
反動:中
ブレ:右/大

装填数

Lv1 Lv2 Lv3 Lv1 Lv2
通常弾 7 7 9 回復弾 2 1 火炎弾 6 捕獲用麻酔弾 2
貫通弾 5 5 5 毒弾 - - 水冷弾 - ペイント弾 2
散弾 4 4 4 麻痺弾 - - 電撃弾 - 鬼人弾 1
徹甲榴弾 3 3 3 睡眠弾 - - 氷結弾 - 硬化弾 -
拡散弾 2 1 1 減気弾 - - 滅龍弾 - 斬裂弾
竜撃弾 1 爆破弾 3
※しゃがみ対応弾は水色、弾追加スキル増加弾と竜撃弾は 灰色

しゃがみ対応弾

火炎弾(20)+1
LV2徹甲榴弾(9)+1
爆破弾(6)+1

特徴

テオ・テスカトルの素材を使用するボウガンテオ=フランマルスのG級強化版。深紅に染まる大砲が映える。
最終強化で古龍の大宝玉が必要だが、テオ・テスカトル討伐だけで揃うことを考えると特段難しくない。

爆破以外の状態異常、火炎弾以外の属性が使えず、LV2以上の散弾以外は物理弾に全対応。
炎戈砲アグナコルピオに極めて似通った性能だが、前作と違うのはゴグマジオスがいること。
火炎弾がなければ射撃が通せず、剣士が通常近接攻撃できない破壊部位があり、ブレを無視できる超大型である点が大きい。
そしてLV3通常弾が使用可能、LV3貫通弾が標準的な速度で装填できることが明確な差となって現れる。
極めてわずかな差であるが、ゴグマジオスを含む超大型モンスター相手に圧倒的な性能を誇る。

生産段階を含めてコストが低く、上位・G級ともイベントクエストがあるため生産素材は極めて集めやすい。
ただ、テオ自体の遠距離攻撃でガンナーは的になりやすいため、どちらかといえば剣士向けか。
剣士から乗り換え目的で超大型モンスター相手用のボウガンで選ぶなら第一候補に挙げられる。

装備例

+ ...

  • 起稿。だいぶ褒め殺し記述なので適当に修正求む。
    反動軽減の入れ具合が微妙なところだけど、叛逆砲の使い回し
    (反動軽減+2)が無反動徹甲榴弾になって良い感じ。 -- (名無しさん) 2015-01-24 22:55:57
  • 使い所ないと思ってたけど、なるほど初マジオスにはいいかも。
    初見でギガカノンは危ないし、アグナに装填速度か、これに反動軽減か。お守り次第と言うところかな。
    まあ1、2貫通弾の扱いではアグナの勝ちだし、ディスティには到底かなわないから、ほぼマジオス突破以外の使い道は無いだろうけど。

    -- (名無しさん) 2015-01-25 11:33:19
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る