支倉凍砂先生「1/9と1*9の区別がつきません。」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

支倉凍砂先生「1/9と1*9の区別がつきません。」


二月十七日の独り言

○私の頭はいよいよサルに近づいている模様。

1/9と1*9の区別がつきません。

と、いうのも、

「1/9と言う物は割りきれないから,1/9がどんな数字であるか明確に言い表せる人はこの世にいない。

だとするなら,どうして1/9に9を掛けると1になると言えるのか。

1は9つに分け切れないはずなのに,その分けきれない物とされた筈の1/9という存在を9つ集めるとはどう言う事なのか。

それがどんな数であるかも判らない(見た事が無い)のに,9つ集めると1になってしまうと断言できるのは何故なのか。

1/9が0.1111111・・・と無限に続くのであれば,
それを9つ集めた物は限りなく1に近いだけの物であり1じゃ無いのではないのか」

と,他でもない私がバイト先でのたまったわけです。

そうしたら,こう言われたわけです。

「同じ物を9つ用意してそれを1としたら,見事に1を9つに分けられるよ」

「え゛・・・」

思考停止。

返事が無い。ただの屍のようだ。

同じ物を9つ用意して,それを1にして良い物かどうか私には判断できませんでした。

良いような気もするし,間違いでもあるような気もするし…。

これが,1/9と1*9の区別がつかないという理由。

…私はやっぱり知的障害者なのかもしんない…。

今これ書いてて素で涙出てきました。こんなことすら本気でわからない。