支倉凍砂先生、自身が神であることに気付く


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

自分は神なのではないだろうか?


二月二日の独り言

○世界は相対的に存在するのか,絶対的に存在するのか。

例えば,AさんとBさんが居て,AさんがBさんを認識するから,Bさんは世界に存在し,Aさんは世界を認識するから,そこに世界が存在している。
その逆も,同時に起こるものとする。
つまり、Aさんが死んでもBさんが生きている限り,BさんはCさんを見たり世界を旅したり…と,世界が消える事は無い。

この場合,AさんとBさん,または他の人間達と相対的に世界は存在している事になる。勿論,相対的なのだから,他の人間から見ている世界と,
自分の見ている世界は重なっており,互いに影響しあうというもの。

その逆。
Aさんが生きているからこそ,世界が存在する。
この場合は,無条件でそのAさんと言うのは,自分自身と言うことになる。
つまり,BさんもCさんも,世界も,自分が生きて認識するからこそ存在するのであって,自分が死ねば世界と言う物は消滅する。
第一、生きている間でも、もしも世界が自分が認識した時だけ(生きているときだけ)存在している絶対的なものだとしたら,自分の認識のそとにある隣の家だって,
実は存在していないのかもしれない。

隣の家が存在するのは,自分がそこの家の中を認識した時だけ。玄関から出れば,過去の映像として存在はするが,現在と言う隣の家の存在は,消滅する。
最終的に死んでしまえば,ビックバンも何も関係無く,宇宙も,地球も,何もかもが全て無くなってしまう。
小説に書きましたが,「無」すらも無い。無いと言う概念すらが無い。
世界がそこに存在するのは,偶然自分が世界と言う物を認識できる立場にあるから。

この場合,自分は神なのではないだろうか?