支倉凍砂先生の学生生活


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

支倉凍砂先生の学生生活


=|AA|
  ::::::::::::::::::::::: : : : ::                ヽ   
  :::::::::::::::::: : : :             \ ヽ    
  :::::: ::: : : :                        
  ::::: : : :: :                \       ( ^ν^)  
  : : : : :  .(´ν`; )              ( ^ω^)   )(^+  
  ___ l⌒i⌒⊂)___     ヽ   (     ) |   | ∩  
      / ⌒'⌒    /       \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄  
  __/_____/||         ||\_____\_  
  _|||_____||/||        ||\||_____|||_  



                | 一月二十三日の独り言
                | 予備校で授業始まるまで時間があったので,目を閉じて聴覚に集中。
                | 教室内の他人の話しに耳を傾けてみる。
                | 集中すれば3グループくらいの会話は耳に入ります。
 ___           | 結論。
/ || ̄ ̄||         / やっぱり面白くない。つまんない。
|.....||__|| (ν` )   < 揃って笑い声を立てているが,何故わらえるのだろうか。
| ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/ | 不思議でならない。
|    | ( ./     /  | やはり人種が違う、と痛感せざるを得ない。
               |
||=


うーむ。うーむ。

一月二十三日の独り言

○うーむ。うーむ。

予備校で授業始まるまで時間があったので,目を閉じて聴覚に集中。教室内の他人の話しに耳を傾けてみる。
完璧には聞けないにしても,集中すれば3グループくらいの会話は耳に入ります。広い教室じゃないし。

結論。

やっぱり面白くない。つまんない。て,言うか突っ込みたい所が山ほどあった。

あんな不充分な会話をしていて面白いのだろうか。揃って笑い声を立てているが,何故わらえるのだろうか。不思議でならない。

それともあれが平均的な浪人生ないし高校生なのだろうか。あんなに不充分な知識によるボケで笑えるのだろうか。

やはり人種が違う、と痛感せざるを得ない。

それにしても本当にあの知識の浅さとボケの弱さはなんなんでしょうか。
私の知り合いには少なくともあんな人いません。つーか雀荘プンリーに集う人達には二歩か三歩遅れを感じるくらいですし,
旧オラタン班のきゃつらも打てば響く感じにうまく話せる人達だし。

うーむうーむ。
大学行くの不安なんですが。何処の学校も。あんなのがたくさんいるのを想像するだけでもう教室のオブジェ確定。

うーむうーむ。私は別に人間嫌いなわけじゃないんですが,
少なくとも予備校で1年近く誰一人として知り合いにならない状況が辛くなくむしろ気楽で良いなどと思っているのを
冷静に考えるとそうなのでしょうか…。
もう受験終わりそうなのに本当に知り合い一人もいないんですよ。
つかネットで1日誰ともメッセージのやり取りしない方がへこむ。

うーむうーむ。

うーむうーむ。

私が異常なんですか?

いや。あんな何の味も濃くも無い人間と群れられる方が異常だと思う。

一月二十二日の独り言

○そんな訳でまた漫画を全巻買って読んでます。

1冊百円だったので、全十三巻即買い。

『変「HEN」』 奥浩哉 集英社

うーむ。・・・うーむ。