二股は願い下げの方へ!自分だけの恋人でいてほしいとき、誰に相談すべきか?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

二股は願い下げの方へ!自分だけの恋人でいてほしいとき、誰に相談すべきか?

悪いのは?自分が浮気相手になってしまったとき


「悪いのは自分?」と青天の霹靂に陥ったという経験はありませんか?
付き合っていた恋人に実は別の本命がいたというのです。


普通に恋人として付き合っていると疑うこともなかったのに、
実は二番手だったと知った瞬間、怒りや悲しみがこみあげるより先に、
何が起きたのか分からないと呆然とするのが普通かもしれません。


本命の恋人から見れば自分が浮気相手であり、周囲からの非難の矛先もなぜか自分に向かって来ます。
そうなると俄然、自分が一番になりたい、選ばれたいと逆に闘志がみなぎったりします。
批判する周囲を黙らせたいという思いが強くなるからかもしれませんね。

もちろん、中には最初から他に恋人がいるのは知っていたけれど、
どうしても思いを留めることができなかったという方もいるでしょう。

この立場にある方も考えることは同じで、いつかは浮気相手じゃなくて一番になりたいと思っているはずです。
そのためにどうすればいいかといえば、答えは簡単です。

今の時点で一番手である恋人と別れさせ、相手の気持ちを全て自分に向けさせることです。
では、どうやって別れさせればいいのでしょうか?浮気が発覚した場合、
一番手の方が業を煮やして別れるという決断をすることもありますが、
意外にも一番手のところに戻って一件落着というケースは多いのです。

そうならないためにも、我々にご相談ください。
我々は男女トラブル解決のプロフェッショナルであり、
別れさせのエキスパートでもあるのです。