恋愛トラップを駆使して社内不倫の修羅場をうまく鎮静化させよう


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

会社の総務関連の仕事をしていると、色んな人と人の関係での不具合について見聞き、あるいは直面することが多いです。
女性社員が3割位で残りが、男性社員で現場の人が大半で、そのうち1割ほどが管理職に成ります。
この管理職の男性(40代妻子持ち)と事務職の20代の女性が仲良くなって、いつの間にか人眼を忍ぶなかになってしまうことが良く有ります。
いわゆる社内不倫です。
男と女がいると、人間の性かもしれませんね。
会社は学校でも、教会でも無いので、職場で波風が立たなければ 極端なことをいうと暗黙の了解みたいなところがあります。
そのまま、誰にも知られずうまく?不倫関係を継続している男女もいるにはいます。
ただ、「妻とわかれて、お前と一緒になる」なんて都合のいいことをピロートークでつぶやく男性がいると多くの場合、トラブルに発展することが多いです。
一番穏やかなソフトランディングは、若い女性が、上司とわかれて若い男性と一緒になるケースであります。
逆にその反対の場合、女性が上司が約束を反故にして離婚してくれないことに怒りを感じて、職場で二人の関係を振れ回ったり、あるいは男性の家に訪問して男性の家庭をムチャクチャにしてしまうことになります。
でも、決してあきらめる必要は有りません。
過去の事例から、適切に対処する方法が、必ずあります。
この場合においては、とりあえず女性の怒りを収めて、淡々と関係を続けることが基本の解決方に成ります。
時間が日薬になって、炎上している状態は治まってくるものです。
このような道徳上の視点からは?という解決法は、会社の総務部門とか弁護士事務所では出てこないし、出すわけにいきません。
そんな場合も含めて、弊社男女トラブル相談所にてカウンセリングを受けつつ、状況に一番適した恋愛トラップを仕掛ける方が、非常に現実的な対処法と言うことが出来ます。

どんなに難しいと思える状況でも、必ず解決方法があります。