※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Subtitles 設定

字幕の設定を行う。


扱える字幕フォーマットについて

Handbrakeは、以下の入力元 - 字幕フォーマットをサポートする。
  • DVD-Video - VOBSUB, Closed Caption(CC)
  • BD - PGS Subtitles
  • File(.mp4, .mkv...) - SRT, SSA Subtitles
  • 外部(ユーザー追加) - SRT
出力方法は2通り、動画に字幕を焼き付け(Burn In)る方法と、パススルーがある。
各字幕フォーマットごとの方法は以下。
  • SRT, Closed Caption(CC):
    動画に焼き付けることはできない。パススルーのみ可能。
  • VOBSUB:
    コンテナが"MKV"の場合は、パススルー、焼き付け(字幕1つのみ)どちらも可能。
    コンテナが"MP4"の場合は、原則として焼き付けのみ。パススルーも可能だが、表示可能かどうかは再生環境・プレイヤーよる。
  • PGS Subtitles:
    コンテナが"MKV"の場合は、パススルー、焼き付け(字幕1つのみ)どちらも可能。
    コンテナが"MP4"の場合は、焼き付けのみ可能。
  • SSA Subtitles:
    パススルー、焼き付け(字幕1つのみ)どちらも可能。
    焼き付ける場合、フォント、色、スタイルなどは保持できるが、アニメーション効果は保持されない。

Add

字幕トラックの追加。

Source

変換元動画の字幕トラックを選択する。
  • Foreign Audio Scan
    強制字幕・吹き替え用字幕の有無をスキャンする。
    たとえば、日本語音声を選択して視聴する際、外国語で書かれた手紙・看板、或いは場所の説明など、音声がない場面等で表示される字幕をスキャンする。

Burn In

チェックを入れた字幕トラックを焼き付ける。

Forced Only

強制フラグのある字幕のみを表示させる。

Default

デフォルトフラグを設定する。

Import SRT

SRTフォーマットの字幕ファイルをインポートする。