※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

HandBrakeとは?

HandBrakeとは、GPLライセンス、マルチプラットフォーム、マルチスレッド対応のビデオトランスコーダー。
ほぼすべての一般的な動画ファイルを、ポータブルデバイス、メディアセンター等、各再生環境に対応した動画に変換できる。
HandBrakeは動画変換ソフトであり、リッピングソフトではない。そのため、コピーガードが施された市販DVD等は扱えない。
また、これらの技術的保護手段を回避する機能等も備えてはいない。


HandBrakeの特徴

  • 様々なデバイスに対応したビデオを作成するためのプリセットが用意されている
  • タイトル、チャプターを個別に選択して変換できる
  • チャプター情報を付加できる
  • 固定・可変フレームレートエンコードに対応
  • インターレース除去、逆テレシネ、ノイズ除去等の基本的なビデオフィルタを備える

入力・出力フォーマット

  • 入力フォーマット
    • DVD-Video形式 (VOB, TS, ISO, VIDEO_TSフォルダ等) ※コピーガードが施されていないもの
    • BD-Video形式 (BDMV, BDAV, M2TS) ※コピーガードが施されていないもの
    • libavformat, libavcodec がサポートするすべてのフォーマット (MP4, MKV, AVI, WMV, WebM, OGM...)
  • 出力フォーマット
    • コンテナフォーマット: MP4, MKV
    • ビデオエンコーダー: H.264, MPEG-4, MPEG-2, Theora
    • オーディオエンコーダー: AAC, MP3, AC3, Flac, Vorbis


このサイトについて

HandBrake-0.9.9-x86_64-Win_GUI をベースに解説していきます。
Windowsユーザー向けに偏った解説になりますが、ご容赦ください。

筆者の環境: Windows8 x64 HandBrake-0.9.9-x86_64-Win_CLI/GUIを使用
2013/05/18 HandBrake 0.9.9 stable release!