※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「Presets 解説」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

Presets 解説」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 #ref(http://cdn57.atwikiimg.com/handbrakeguide/pub/src/HBSrcPresetPanel.png,,right,height=528,title=プリセット選択パネル,alt=HandBrake_Preset_Panel)
 **Presetsについて
 各デバイス・再生環境向けのエンコード設定の保存・読み込みができる。
 #contents(fromhere)
 **各プリセットのパラメータ
 ***Device
 ****Universal:
  -e x264  -q 20.0 -r 30 --pfr  -a 1,1 -E faac,copy:ac3 -B 160,160 -6 dpl2,auto -R Auto,Auto -D 0.0,0.0 --audio-copy-mask aac,ac3,dtshd,dts,mp3 --audio-fallback ffac3 -f mp4 -X 720 -Y 576 --loose-anamorphic --modulus 2 -m --x264-preset fast --h264-profile baseline --h264-level 3.0
 ****iPod:
  -e x264  -q 22.0 -r 30 --pfr  -a 1 -E faac -B 160 -6 dpl2 -R Auto -D 0.0 --audio-copy-mask aac,ac3,dtshd,dts,mp3 --audio-fallback ffac3 -f mp4 -I -X 320 -Y 240 --modulus 2 -m --x264-preset medium --h264-profile baseline --h264-level 1.3
 ****iPhone & iPod touch:
  -e x264  -q 22.0 -r 30 --pfr  -a 1 -E faac -B 160 -6dpl2 -R Auto -D 0.0 --audio-copy-mask aac,ac3,dtshd,dts,mp3 --audio-fallback ffac3 -f mp4 -4 -X 960 -Y 640 --loose-anamorphic --modulus 2 -m --x264-preset medium --h264-profile high --h264-level 3.1
 ****iPad:
  -e x264  -q 20.0 -r 30 --pfr  -a 1 -E faac -B 160 -6 dpl2 -R Auto -D 0.0 --audio-copy-mask aac,ac3,dtshd,dts,mp3 --audio-fallback ffac3 -f mp4 -4 -X 1280 -Y 720 --loose-anamorphic --modulus 2 -m --x264-preset medium --h264-profile high --h264-level 3.1
 ****AppleTV:
  -e x264  -q 20.0 -r 30 --pfr  -a 1,1 -E faac,copy:ac3 -B 160,160-6 dpl2,auto -R Auto,Auto -D 0.0,0.0 --audio-copy-mask aac,ac3,dtshd,dts,mp3 --audio-fallback ffac3 -f mp4 -4 -X 960 -Y 720 --loose-anamorphic --modulus 2 -m --x264-preset medium --h264-profile high --h264-level 3.1 -x qpmin=4:cabac=0:ref=2:b-pyramid=none:weightb=0:weightp=0:vbv-maxrate=9500:vbv-bufsize=9500
 ****AppleTV 2:
  -e x264  -q 20.0 -r 30 --pfr  -a 1,1 -E faac,copy:ac3 -B 160,160 -6 dpl2,auto -R Auto,Auto -D 0.0,0.0 --audio-copy-mask aac,ac3,dtshd,dts,mp3 --audio-fallback ffac3 -f mp4 -4 -X 1280 -Y 720 --loose-anamorphic --modulus 2 -m --x264-preset medium --h264-profile high --h264-level 3.1
 ****AppleTV 3:
  -e x264  -q 20.0 -r 30 --pfr  -a 1,1 -E faac,copy:ac3 -B 160,160 -6 dpl2,auto -R Auto,Auto -D 0.0,0.0 --audio-copy-mask aac,ac3,dtshd,dts,mp3 --audio-fallback ffac3 -f mp4 -4 -X 1920 -Y 1080 --decomb=fast --loose-anamorphic --modulus 2 -m --x264-preset medium --h264-profile high --h264-level 4.0
 ****Android:
  -e x264  -q 22.0 -r 30 --pfr  -a 1 -E faac -B 128 -6 dpl2 -R Auto -D 0.0 --audio-copy-mask aac,ac3,dtshd,dts,mp3 --audio-fallback ffac3 -f mp4 -X 720 -Y 576 --loose-anamorphic --modulus 2 --x264-preset medium --h264-profile main --h264-level 3.0
 ****Android Tablet:
  -e x264  -q 22.0 -r 30 --pfr  -a 1 -E faac -B 128 -6 dpl2-R Auto -D 0.0 --audio-copy-mask aac,ac3,dtshd,dts,mp3 --audio-fallback ffac3 -f mp4 -X 1280 -Y 720 --loose-anamorphic --modulus 2 --x264-preset medium --h264-profile main --h264-level 3.1
 ***Regular
 ****Normal:
  -e x264  -q 20.0 -a 1 -E faac -B 160 -6 dpl2 -R Auto -D 0.0 --audio-copy-mask aac,ac3,dtshd,dts,mp3 --audio-fallback ffac3 -f mp4 --loose-anamorphic --modulus 2 -m --x264-preset veryfast --h264-profile main --h264-level 4.0
 ****High Profile:
  -e x264  -q 20.0 -a 1,1 -E faac,copy:ac3 -B 160,160 -6 dpl2,auto -R Auto,Auto -D 0.0,0.0 --audio-copy-mask aac,ac3,dtshd,dts,mp3 --audio-fallback ffac3 -f mp4 -4 --decomb --loose-anamorphic --modulus 2 -m --x264-preset medium --h264-profile high --h264-level 4.1
 
 **Presets Option
 #ref(http://cdn57.atwikiimg.com/handbrakeguide/pub/src/HBSrcPresetToolbar.png,,title=プリセットの追加 ・ プリセットの削除 ・ オプション,alt=HandBrake_Preset_Toolbar)
-#ref(http://cdn57.atwikiimg.com/handbrakeguide/pub/src/HBWindowPresetAdd_.png,,right,title=プリセット追加ウィンドウ,alt=HandBrake_AddPreset_Window)
 ***Add
 現在のエンコード設定をプリセットとして追加する。
 プリセット名、上限解像度、フィルタ設定を保存するかどうか、プリセットの説明をそれぞれ入力する。
--&bold(){Picture Settings (Picture Size)}&br()このプリセットの上限解像度を設定する。&br()入力動画の解像度が設定した値を超える場合は、設定した値に縮小される。&br()&bold(){"None", "Custom", "Source Maximum"}が選択できる。
---&bold(){"None"}は、上限解像度を指定しない。入力元の解像度がそのまま出力される。
---&bold(){"Custom"}は、幅・高さをそれぞれ自由に設定できる。
---&bold(){"Source Maximum"}は、現在スキャンしている動画の解像度が値として設定される。
+#ref(http://cdn57.atwikiimg.com/handbrakeguide/pub/src/HBWindowPresetAdd_.png,,height=192,title=プリセット追加ウィンドウ,alt=HandBrake_AddPreset_Window)
+-&bold(){Preset Name}&br()プリセットの名前を入力する。
+-&bold(){Picture Settings (Picture Size)}&br()このプリセットの上限解像度を設定する。入力動画の解像度が設定した値を超える場合は、設定した値に縮小される。&br()&bold(){"None", "Custom", "Source Maximum"}が選択できる。
+--&bold(){"None"}&br()上限解像度を指定しない。入力元の解像度がそのまま出力される。
+--&bold(){"Custom"}&br()幅・高さをそれぞれ自由に設定できる。
+--&bold(){"Source Maximum"}&br()現在スキャンしている動画の解像度が値として設定される。
+-&bold(){Save Video Filter Settings}&br()チェックを入れると、ビデオフィルタの設定が保存される。
+-&bold(){Description}&br()プリセットの説明を入力する。
 
 ***Remove
 選択したプリセットを削除する。
 
 ***Options
 #ref(http://cdn57.atwikiimg.com/handbrakeguide/pub/src/HBMenu05PresetOption.PNG,,title=プリセットオプション,alt=HandBrake_Preset_OptionMenu)
 -&bold(){Set Default}&br()選択したプリセットを、HandBrake起動時に読み込むデフォルトプリセットに設定する。
 -&bold(){Update Selected Preset}&br()選択したプリセットを現在のエンコード設定で上書きする。
 -&bold(){Import / Export}&br()プリセットのインポート・エクスポート。
 -&bold(){Reset Built-in Presets}&br()ビルトイン・プリセットをリセットする。&br()削除したビルトイン・プリセットの復元、変更したデフォルトプリセットを&bold(){"Normal"}に再設定することができる。
 
 **プリセット設定ファイルの場所
 Windowsでは以下の場所に設定ファイルがある。
 プリセット設定ファイルは、削除しても次回HandBrake起動時に自動的に再作成される。
 
 &bold(){Windows XP}
 #blockquote(){C:\Documents and Settings\<username>\Application Data\HandBrake
 または、
 C:\Documents and Settings\<username>\Local Settings\Application Data\HandBrake
 }
 &bold(){Windows Vista}
 #blockquote(){C:\Users\<username>\Application Data\HandBrake
 または、
 C:\Users\<username>\Local Settings\Application Data\HandBrake
 }
 &bold(){Windows 7/8}
 #blockquote(){C:\Users\<username>\AppData\Roaming\HandBrake
 または、
 C:\Users\<username>\AppData\Local\HandBrake
 }