※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ボス攻略/エルダードラゴン



敵名 Hp 弱点 耐性 備考
戦争の王、シャンドール 265000 --- 吸収
炎(無効)
推奨Lv54以上

  • 場所 ・・・炎の祭殿・シャンドールの魂世界
  • 行動
    常時: 炎の爪 (単体 炎属性) バーニングフレア
    8x+1ターン: メテオストーム (ランダム対象 10Hit 炎属性)
    8x+5ターン: ハーフスライス (全体 現Hpの半分のダメージ)
    Hp70~100%: 打撃
    Hp0~70%: なぎ払い (全体)
    Hp0~50%: マグマブレード (単体 炎属性 麻痺付与)

  • 攻略
    メテオストームが最大の脅威。炎耐性込みでも1発で1000以上のダメージが入るため、運が悪いと2人まとめて死んでしまうことも。
    さらにHpが減ると使用してくるマグマブレードに麻痺効果があるため、メテオターン前に麻痺が入ってしまうとまず助からない。
    また、全体攻撃はメテオストームを除くとなぎ払いしかないが、そのなぎ払いの威力がやたらと高い(約3000↑)。他の攻撃はそこまで強くないので、この3つの技の対策を考える必要がある。

    まず、メテオストームは防御してても死ぬ可能性があるため、ここは挑発を活用しなんとか被害をメルト一人に食い止めておきたい。
    シェイクがシャンドールより早い場合は次ターンに蘇生すれば問題ないし、逆に遅い場合でも、メテオでメルト戦闘不能→シェイクのキュアレイズで安全に立て直せる。
    マグマブレードで麻痺が入ると挑発の効果も解けてしまうため注意。麻痺になったら早急に治療すること。
    開幕や、メテオのターンにメルトが麻痺している場合は全員防御で凌ぐ。麻痺と炎耐性は両立できないのでここは運が絡んでしまう。
    炎耐性装備はリング2つしか無いため、これはシェイクとメルトに装備させよう。ワインはマジカルガードを維持しておくこと。
    ワインは常にHp全快を維持しないとなぎ払いを撃たれた時に即死、他二人もピンチと非常にまずい状況に立たされてしまう。必要ならばブレイブオーラで防御を上げておくといいかも。

    なお、アルティメットガードがあるならメテオストームをこれで無力化すると大幅有利になる。ハーフスライス使用後から3ターン以内で上手く挑発しよう。


敵名 Hp 弱点 耐性 備考
運命の観測者、キュエラ 235000 --- 全属性(無効) 推奨Lv54以上

  • 場所 ・・・氷の祭殿・キュエラの魂世界
  • 行動
    常時: 引き裂く アイスエイジワールド
    7x+1ターン: フロストゼノン (全体 氷属性 猛毒付与)
    8x+3ターン: オールブレイク (全体 全能力低下付与 Spダメージ100)
    Hp70~100%: 打撃
    Hp0~50%: ドラゴンドレイン (単体 Hp吸収) アイスサーベル (ランダム対象 2Hit 氷属性 沈黙付与)

  • 攻略
    素早さが高めで先手を取られやすい。
    ただし全体攻撃は7ターンおきに使用してくるフロストゼノンしかないため、全員先手が取れない状況でも防御などを上手く活用すれば回復が間に合わなくなることは稀だろう。
    単体攻撃はやはりメルトに挑発させれば問題なく受けられる。アイスサーベルの沈黙付与もメルトならほぼ関係ない。
    氷耐性のリングはシェイク、メルトに装備させ、ワインには防寒着、スペルトリコンを装備させてアクセサリにはソニックブーツがおすすめ。
    ドラゴンドレインは喰らうとまず即死するので、ワインが先手で蘇生できるようになると全滅の確率を大幅に減らせる。
    属性攻撃は通らないので、ブレイブオーラからのインブレやメルトの剣技でダメージを重ねていこう。
    オールブレイクで徐々にSpが削られていくためSpリジェネオールは必ずかけておく他、魔法薬も何個か用意しておくこと。


敵名 Hp 弱点 耐性 備考
再生と破壊のドランツ 250000 --- 吸収
地(無効)
毎ターンHp自動回復(+1500)
推奨Lv56以上

  • 場所 ・・・大地の祭殿・ドランツの魂世界
  • 行動
    常時: 地面を大きく揺らす (全体 地属性 スタン付与) アースシャイニング
    7x+1ターン: メガロマグナス (ランダム対象 5Hit 地属性 防御低下&スタン付与)
    10x+2ターン: メタルボディ
    Hp70~100%: 打撃
    Hp0~50%: ギガトンロック (単体 2Hit 地属性 混乱付与) 大暴れ (全体 スタン付与)

  • 攻略
    自動回復持ちなので数値以上にタフ。さらに地属性にスタン、混乱と対策の難しい攻撃を数多く持つためかなりの強敵である。
    メガロマグナス(地耐性込で一発1700程度)やギガトンロック(混乱付与2Hit)を考えると、挑発はさほど有効ではない。
    素早さは低めでありシェイクでも先手は取りやすいので、Hp全快を維持しつつ、戦闘不能や混乱は即座に治療を心がけよう。回復アイテムも多めに。
    地耐性はシェイクとメルトで。ワインはマジカルガードを張りつつ戦うことになるが、効果が切れるターンには防御しておくと死亡率を下げることが出来る。
    混乱耐性はシェイクがセクシーねこみみ、ワインは装飾品で、がベターか。メルトは装飾品枠でないと混乱耐性が付けられないので諦めるしか無い。
    スタン耐性はしっかりした服やフルメタルアーマーで付くためこれは必ず装備。メタルボディはインブレ、魔法、オーガ斬り辺りの防御無視攻撃を使えば問題ない。


敵名 Hp 弱点 耐性 備考
命の雨雲、エルレヴァレイン 260000 --- 吸収
水(無効)
推奨Lv56以上

  • 場所 ・・・水の祭殿・エルレヴァレインの魂世界
  • 行動
    常時: 活力を奪う一撃 (単体 困憊付与) タイダルウェイブ バブルプリズン (単体 水属性 麻痺付与)
    6x+1ターン: 封印の音色 (全体 ダメージ無し 封印付与 先制発動)※順番は攻撃→スキル→アイテムの順
    Hp50~100%: 打撃
    Hp0~50%: ソニックバブル (全体 水属性 先制発動)

  • 攻略
    状態異常『封印』は、対応するコマンドが6ターンの間使用出来なくなるというもの。上記の通り、攻撃→スキル→アイテム→攻撃・・・という順番で封印してくる。
    特にキツイのはスキル封印で、全体回復や挑発が使えなくなってしまうためタイダルウェイブやバブルプリズンを連発されると非常に危険。
    素早さは遅いものの、Hpが減ると使用してくるソニックバブルは必ず先制で発動するため、タイダルウェイブ後に重ねられると全滅の可能性も。

    水耐性のリングはシェイクとワインに。今回はスキル封印のせいでマジカルガード維持が不可能なため、一発ならタイダルなどにも耐えることの出来るメルトよりはワインに回したほうがよい。
    メルトは麻痺耐性をつけて、バブルプリズンを引きつけてもらうと楽になる。防御していないと死ぬので攻撃は他の二人に任せてしまおう。
    ソニックバブルは(水耐性込で)約1000前後のダメージなので、ターン開始時にHpが500~1300くらいのキャラは防御していたほうがよい。
    封印をかけてくるターンは逆に攻撃してこないため立て直しのチャンスとも言える。スキルを封印してくるターンに大型魔法爆弾をぶつけるのもオススメ。
    ちなみに戦闘不能になれば、封印状態は解除される。スキル封印をかけてくるターンの前にあえて戦闘不能にしておくのもあり。

    スキルが使えない期間が一番危険なため、ここばかりはレベルが高くても回復アイテムと防御を活用して防戦に徹した方が良い。
    突入する前にリジェネオールや各種オーラ系魔法をかけれれば、それが保険になる。


敵名 Hp 弱点 耐性 備考
輪廻の賢者、ノイザック 260000 --- 吸収
風(無効)
推奨Lv54以上

  • 場所 ・・・風の祭殿・ノイザックの魂世界
  • 行動
    常時: トライスラッシュ (ランダム対象 3Hit) トルネイザー (単体 5Hit 風属性 スタン付与) エルダーストーム
    9x+1ターン: ストームバリア (風の衣付与)
    10x+3ターン: トルネードハック (全体 Spダメージ 混乱付与)
    Hp70~100%: 打撃
    Hp0~70%: ウインドエッジ (ランダム対象 2Hit 風属性 素早低下付与)

  • 攻略
    ストームバリアで付与される『風の衣』は全ダメージを半減する効果がある。これはディスエンチャントでかき消せるので覚えておこう。
    トルネードハックを喰らうとSpが吹き飛んでしまうため焦りがちだが、あらかじめSpリジェネオールをかけておけば最低限のSpは確保できるはずなので焦らないこと。
    風耐性はグリーンマントで簡単に対策可能。なので装飾品枠は混乱対策に割くとよい。セクシーねこみみがあれば装飾品枠も空くのでマジックチャージャー併用もあり。
    メルトに関してはフルメタル&リングでスタンと風に耐性を振ったほうがいい。混乱付与はHpダメージ無しの『トルネードハック』しかないため食らってから治療でも間に合う。
    エルダーストーム以外は単体攻撃のみなので、挑発で問題なく対処できるはず。エルダードラゴンの中でもわりと倒しやすい方。


敵名 Hp 弱点 耐性 備考
調停者ラダルバドゥル 240000 --- 吸収
雷(無効)
ターン終了時、全体に雷属性の追加ダメージ
推奨Lv60以上

  • 場所 ・・・雷の祭殿・ラダルバドゥルの魂世界
  • 行動
    常時: 粉砕する (単体 攻撃&防御低下付与) 三連打 (ランダム対象 3Hit) サンダーブラスト
    9x+1ターン: ボルトランページ (全体 雷属性 有利異常解消)
    9x+3ターン: 充電 (Hp4000回復 全能力強化付与)
    Hp70~100%: 打撃
    Hp0~50%: サンダースフィア (単体 3Hit 雷属性 麻痺&スタン付与)

  • 攻略
    ターン終了時に、こちらに800前後の雷属性ダメージを毎回与えてくる。 メルト一人になると詰むので注意。
    非常に高い素早さからサンダーブラストやサンダースフィアなどの強力な攻撃を連発してくる。エルダードラゴンのなかでも屈指の強敵。

    雷耐性のリング装備はシェイクとワインがオススメ。敵のスペックを考えると、悠長にマジカルガードを張っている余裕はない。
    サンダースフィア全弾Hitでもメルトなら雷耐性なしで耐えられるので、彼には麻痺耐性を持たせておこう。
    今回は特にターン読みが重要となる。充電の能力強化をすぐに消す、ボルトランページを読んでキュアオールマックスを使う、などが出来るか出来ないかで難易度は激変する。
    充電ターンはリジェネ&Spリジェネをかけるチャンスでもあるので、なるべく使用しておきたい所。
    物理攻撃もバカにならない強さなので挑発は必ず維持すること。
    サンダーブラストを連発されると非常に戦況が苦しくなる。出来ればワインにはキュアオールマックスを常に使わせておきたいところだが、連発すると当然Spは持たない。
    序盤はブラスト被弾後と挑発の切れ目のみ使用し、後半には充電ターン以外常時使用とするとちょうどいいかも。必要であるならば躊躇なく完全治療薬を投与しよう。


敵名 Hp 弱点 耐性 備考
時の創造主、ウィラント 240000 --- 吸収
光(無効)
推奨Lv60以上

  • 場所 ・・・時の祭殿・ウィラントの魂世界
  • 行動
    常時: 光の翼 (単体 光属性) ホーリーレイン シャインクラリス (単体 光属性 暗闇&猛毒&困憊付与)
    10x+1ターン: タイムエクザイル (単体 追放付与 後攻発動)
    10x+2ターン: クロックフェイト (全体 強制瀕死 沈黙付与)
    10x+3ターン: 光の舞 (Hp9999回復 魔力上昇付与)
    Hp50~100%: 打撃
    100ターン目: エクザイルパージ (全体 追放付与)

  • 攻略
    状態異常『追放』は、9ターンの間一切の行動に参加できないというもの。攻撃の対象に選ばれることもなくなる。戦闘不能扱いなので他二人が死ぬと全滅となる。
    常に二人で戦うことになる上、 100ターン経過すると強制的に全滅する ため、あまり悠長に戦っている時間はなかったりする。
    光耐性のリングはシェイクとメルトで。ワインはマジカルガードを維持しておこう。
    素早さが非常に遅く、メルトですら先手を取ることが出来る程なので、挑発はあまり有効ではないが、
    敵の攻撃は光耐性さえあればそれほど苦しくはないので、Hp回復や状態異常をきちんとしつつ戦っていけばよい。
    速攻で倒すためにインブレなどの強力な攻撃を惜しみなく使っていこう。
    もし「光のころも」が投入できるならそれを活用すると全員に耐性が付与できるため、強気に戦いやすくなる筈。