うおの目にスピール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

角質が増殖して硬くなってしまい中に芯ができて押さえると痛みがある症状ができてしまった場合に、もっとも手軽にできる治療法は市販薬を使うやり方です。
市販薬にはいろいろな種類のものがありますが、もっともよく使われているのはニチバンのスピール膏のシリーズです。

サルチル酸が配合されており、患部に貼付けることで角質化した皮膚を柔らかくして除去することができます。
患部の大きさや部位に合わせて、形やサイズが異なる5種類の製品が用意されています。

また最新の製品は、患部以外の正常な皮膚を痛めないようなシールを用意するなどの工夫があり、確実に患部だけに効果があるように作られています。
また、動いたり濡れたりしても剥がれにくいように作られています。

うおの目の市販薬としては歴史もあり指示されている薬です。

うおの目

また、スピールのシリーズには、同じくサルチル酸を配合した液状タイプのスピール液も販売されています。
キャップに付属した棒で直接患部に薬剤を塗布するもので、そのまま入浴をすることも可能です。

周りの正常な皮膚を痛めないための保護用パッドが付属しているので、簡単に患部だけに塗布することができます。
いずれのタイプも正しく使って効果が期待できるものなので、使用する際には説明書を読んで注意事項を守ることが必要です。