銀の絆と小鳥の夏恋 > クライマックスフェイズ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シーン17

  • シーンプレイヤー:全員

支部に帰還すると、剣が出迎える。颯は既に訓練所で待っているとのこと。
幸一は暇なら付き合え、と彼に言うが、模擬戦は勘弁してくれと表明。
見学だけでもいい、と幸一が言うと剣はしぶしぶついていく。

支部の地下に併設された訓練所では、剣の言の通り颯が待ち受けていた。

颯「なんだか申し訳ないね、皆。僕のせいで振り回しちゃって」
幸一「おう颯連れてきたぞ、まぁ違っても玲が尊い犠牲になるだけだから気にすんな」
玲「ちょっ、支部長それどういうことですか!」

一方、葵は訝しるように颯を見つめる。

幸一「それでどうだ? 双方あってんのか? 間違ってるのか?」
玲「なんかこう、ビビッと来た!とかないですか!」
颯「いや、合ってるも何も、僕は葵ちゃんの顔とか動向とか、ちゃんと把握してるからね……」

葵は右手のブレスレットを凝視した後、再び颯の顔に視線を戻す。

颯「ゆっくり話したいところなんだけど、まずは仕事を果たさないと、どうにもならないし」
颯「模擬戦、先に終わらせちゃおうか。 神谷くんも、それでいい?」
幸一「おう、構わんぜ。その後ゆっくり話しをするといいぜ」

この後、Dracheがごねたりなど色々あったが、結局、チーム分けは以下のようになる。

  • PC5名
  • 葵、颯、聖、紗
※尚、詩子と雪、剣は見学。

また、模擬戦のシステム的なルールは以下の通り。

  • 戦闘結果は今後の展開には影響しないが、経験点算出には影響する。
  • 敵チームのエフェクトはバランスも考慮し、一部追加や修正が行われている。エネミーエフェクトも使う可能性がある。
  • 但しジャームではないのでEロイスは使用しない。

戦いを前に衝動が刺激される。


戦闘は残った颯に、和樹が全力攻撃を決め、PC陣が勝利で終わる。
お互い満身創痍の中、お互いに満足の行く模擬戦となったようだ。