NPC > 澪央市


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

澪央市(旧:LH市)出身、または在住のキャラクター。

  • “狂殲の銀穿(クルーエル・シルバー)” 霧生・葵(きりゅう・あおい)
シンドローム:モルフェウス×ノイマン(クロス) 英綴り:Cruel Silver

第2話から登場。遠方澪央市で活動するイリーガル。
幼い頃に両親を殺され、兄を失い、彷徨っていた所を任侠一家に拾われて育つ。
その後、家族の謎を追うべく裏社会で活動していたが、ある日死の際に覚醒。
兄をずっと探し続けていたがこの度めでたく再開を果たし、当面の間、天月市にて活動していくことを表明する。
詳しくはこちらも参照。

  • “つかずはなれず(ショート・フィールド)” 不動・誠一郎(ふどう・せいいちろう)
シンドローム:バロール×エグザイル(クロス) 英綴り:Short Field

第2話に登場。遠方澪央市支部所属のチルドレン。
生え抜きのチルドレンであり、そのためか世間にはやや疎い所もある。
温厚で苦労人気質、加えて涙もろい面があるものの、立ち回りと口は上手い。

  • “銀薔薇(メリィベル)” 明星院・りんね(めいせいいん・──)
シンドローム:エンジェルハイロゥ(ピュア) 英綴り:Merrybell

第2話に(商品名として)登場。遠方澪央市にて活動する、薔薇の一株──品種名『メリィベル』──を核としたレネゲイトビーイング。人間形態は線の細い少女然。
やや内向的、古風な乙女そのものと言った性質。書物に人の形を見た為、無類の本好きになった。
尚、澪央市内で生まれた彼女と同種/近似種の品種は様々な形で商品展開されており、各種スイーツ(通称:銀薔薇スイーツ)は妙齢の乙女たちにも人気が高い。
噂では、霧谷の元にも度々届けられるらしい。甘味に目がない葵も大好物である。

以上の出典元:LH市観光案内Wiki


以下おまけ。登場予定は多分ないよ。

  • “血潰の魔女(ブラッディ・マリス)” エヴァンジェリン・ワーズワース(本名:鈴木・花)
シンドローム:バロール×ブラム=ストーカー(クロス) 英綴り:Bloody Malice

遠方澪央市のFHセルリーダー。規模は分隊クラス。
大仰な語り口と大袈裟な表現を多用する、やや難解な少女。平たく言うと厨二病。
具体的には「始祖にして遥か高みより魔界を見守る至高存在、“俯瞰の魔女”オクタヴィア・ワーズワースの係累」と思っているらしい。
これだけなら単なる厨二病で終了だが、頭が切れる上にオーヴァードとしての実力はなかなかのもので、無名のセルではあるが、今後侮れない勢力となる事が予見される。
(GMの澪央市FHセッション、通称K卓キャラ)

  • “黒雷の刃(カラドボルグ)” 鵠泉・凛(こういずみ・りん)
シンドローム:ブラックドッグ(ピュア) 英綴り:Caladbolg

遠方澪央市のFHマーセナリーの少女。所属はエヴァンジェリン・ワーズワース直下。
嘗て剣術で名を馳せた旧家の出身で、剣一筋に生きてきたためなのか古風な武士口調に加えて、極めて小柄で細身ながらなかなかの怪力が最大の特徴。
当然それは戦闘スタイルにも反映されており、ひたすら愚直な脳筋仕様である。
反面、性格は割と落ち着いており、マイペースな所も。曰く「激情は剣を鈍らせる、情を保つ事が肝要」とかなんとか。
(七海PLの澪央市FHセッション、通称K卓キャラ)