天月市中央線

天月市走行区間のみ記載。上州湯本から北は単線、南は複線。
北端・南端の終着は各隣接街の中心部。
日中は各停含め、パターンダイヤ化されており、時刻表は覚えやすい。

番号 駅名 読み 準急 急行 特急 快特 構造 周辺情報
↑(隣町:上美里、日向市方面)           ※★は追抜可を示す
AC07 美里スキー場 みさとすきーじょう 地上/相対2面3線★ 下美里まで山岳線の単線区間。この区間にある施設はスキー場や別荘地など、一般住宅は疎らである。
AC08 下美里 しもみさと 地上/1面1線
AC09 上州湯本 じょうしゅうゆもと 地上/島式2面6線★(留置可) 下美里側・桜台側どちらにもトンネルがあり、その間にある駅。車窓からでも立ち昇る湯煙を見る事ができる。
AC10 桜台 さくらだい 地上/相対2面2線 この近辺は丘陵地帯である。電車から天月市を一望できるスポットでもあり、隠れた名所。
AC11 神城酒蔵前 かみしろしゅぞうまえ 地上/島式2面4線★ 神城酒蔵駅から財前駅間は北部が工場など、南部が物流拠点や研究所などを占める産業街。
性質上、大きな建物が多くなるため無機質ながら雄大な風景とも言える。
当然だが、工場は稼働時間が被る事が多く朝のラッシュはビジネス街以上に凄まじい。
一般製造業の従業員は各停、学生は準急・急行、神城酒蔵従業員は急行・特急、とある程度棲み分けは行われているが……。
AC12 氷室町 ひむろまち 高架/島式1面2線
AC13 卸町 おろしまち 高架/相対2面4線+折返用1線★
AC14 財前 ざいぜん 地上/島式1面2線
-- 北天月検車区 きたあまつきけんしゃく (車輌基地) 地上/4線+車庫8線 私鉄線の車輌基地。検査工場等も兼ねているため、規模は大きい。基本的に臨時の場合を除き、行違い・追越等には使われない。
AC15 学園前 がくえんまえ 高架/島式2面4線★ この近辺は学生街であり、ワンルームのアパートやマンションも多い。
居住者は四響院学園の生徒やその関係者が大半だが、北部の産業街区へここから通勤する人もいる。
AC16 飛鳥川 あすかがわ 高架/相対2面4線★
AC17 天月中央公園 あまつきちゅうおうこうえん 高架/相対2面2線 飛鳥川の畔、ビジネス街の外れにある公園。平日休日問わず人は多い。
AC18 四条堀 しじょうぼり 高架/島式2面4線★ 四条堀駅から中井駅まではビジネス街が続く。その多くは首都圏や海外に本社を持つ企業であるが、土着の企業もいくつか存在する。
街区の性質上、小規模飲食店などもそれなりに多い。
電車は大半が高架線であるが、雑居ビルの谷間を通るような形になる。
AC19 大野田 おおのだ 高架/島式1面2線
AC20 萩原畷 はぎわらなわて 高架/島式2面4線★
AC21/AR01 天月市 あまつきし 地上/櫛形4面3線+高架/島式2面3線★ 天月市中心部。東側は小奇麗なビジネス街、駅を挟んで西側は昔ながらの商店街がある。
AC22 中井 なかい 高架/相対2面2線 中央線と林間線の本線間には留置線も存在する。東側は天月市駅と同じくビジネス街である。
AC23 豊郷町三丁目 とよさとちょうさんちょうめ 高架/島式1面2線 豊郷町三丁目駅は雑居ビルと住宅の混合、豊郷町七丁目駅まで来るとほぼ住宅地のみになる。
天月市南部にここ20年ほどで増えた住宅地。一部はここから南部の街や首都圏まで通勤する人もいるようだ。
AC24 豊郷町七丁目 とよさとちょうななちょうめ 高架/島式2面4線★
AC25 水無瀬 みなせ 高架/相対2面2線
AC26 沙魚沼 はぜぬま 地上/相対2面4線★ この近辺から、駅前を除くとのどかな田園風景が暫く続く。秋口は黄金色の平原が美しい。
AC27 鵜潟 うがた 地上/相対2面2線
AC28 南鵜潟 みなみうがた 地上/相対2面2線
AC29 新川 にっかわ 地上/相対2面2線
AC30 薊野 あざみの 地上/島式1面4線★ 新川を超えると丘陵地帯になり、住宅は更に疎らになる。隣街に続く然程険しくない峠と言った風情。
薊野駅は天月市私鉄線に珍しい『優等列車が外側を走行する』構造。
AC31 小田在原 おだありはら 地上/島式1面2線
↓(隣町/東京都方面)