山辺・良二


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • “古象の幻影(ギガント・ウォール)” 山辺・良二(やまのべ・りょうじ)
「ま、いいんじゃない~? なんとかなるよ~俺も頑張るしね~」

外見:

短く切り揃えられた黒髪に黒の瞳。
顔立ちは精悍な印象で、背も180cm超と高く、筋肉もついていて体つきもがっしりとしている。
そのため一見すると怖い印象を与えがちだが、表情や態度は柔和で暢気。

背景:

天月市公立高校の高校二年生。
天月市に存在するイリーガル集団「やせいのおうこく」の構成員。
元々はFHの実験体であり、天月市の大規模覚醒事件の際に実戦投入された。
しかしUGNの介入に遭ったことから、彼を連れていたFH側は良二を捨て駒として残し逃亡。
良二自体は戦意も敵意もまるでなかったため、毒気を抜かれたUGN職員は彼を保護。
暫くは監視下に置かれたが、FHに舞い戻る心配なしとして無罪放免となる。
その後、自ら「やせいのおうこく」を探り当て、入団を希望して今に至っている。

能力:

戦闘においては仲間を守る壁として前線に立ちはだかる。
実験体として肉体に数々の異形を内包しているが、本人はそれを仲間を助ける為に使う事を厭わない。

性格:

のんびりおっとりとした性質で、間延びした口調で喋る。
しかし図体はでかい(180cm超)し身体つきもしっかりしているというギャップ萌えを地で行く男。本当に萌えるかどうかは知りません。
あんまりにもマイペースすぎて、何を考えているか良く解らないと評される事もあるが、基本的には何も考えてない事の方が多い。
大方の予想通りの大食漢。しかし脂肪は増えず筋肉ばかりが増えていく謎。
日常生活で一体何をしているのか。

≪間章にて≫実はオタクであるらしいことが判明した。数々のオタ芸を身に着けているという噂である。

<DATA>

性別:男 年齢:16
ブリード:クロス シンドローム:エグザイル×サラマンダー
ワークス/カヴァー:高校生/高校二年生
 【肉体】5 〈回避〉1
 【感覚】1 〈知覚〉1
 【精神】4 〈RC〉2 〈意志〉5
 【社会】2 〈情報:噂話〉1
HP:49 行動値:6 初期侵食率:36%(素体/飢餓)
《氷盾》3 《崩れずの群れ》1 《命のカーテン》3 《異形の刻印》3 《孤独の魔眼》1
  • 複製体【バロール】
【出自】天涯孤独 【経験】実験体