黄金暦211年


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

黄金暦211年 5月

うわさには盗みの名手

姿を見ずとも知れずその声を聞いている者は多かろう

わたしの耳に残る確かな余韻、それはもう余韻でしかなく

どのような最後だったかは聞こえてこぬ

少年の名はアデル・ミラー





素直の匂いがする娘

欺かれやすく その代わり多くの心を開いたろう

最後となったその冒険への誘いは必然か

決して誰かの戯れではないといいのだが






夜中の影のような女

肉が腐った馴染みのある匂いと深い土の知らぬ匂い

聞けば大蛇の牙の餌食になったという

魔女の墓は誰が掘り起こす






名家の血筋も味は同じ

戦うに装いを求め 求められるを求めた男

彼の持つ武具はどのようなものだったろう

彼の繰る武術はどのようなものだったろう

自らへの止めは誰のものだったろう

彼の名はオロ・セロシア





テューニ・マルムベリ




私の目には花が見える

冷たい石の上も彼には温かいのだ

己が半分と欠けても満ちているのは誰かの光があったのだろう

私がここで初めて見た死骸は君だったが そうと気づかず済まなかった






パート・ダマンド




ロスト・ラクティル


黄金暦211年 6月

エリィ・シリラシ


黄金暦211年 7月

彷徨えるむくろ

黒い布と同じに黒い呪いがまとわりつく体

転げた首級は誰が屠ったのだろう、それともまだ

私のこの詩が彼の歩みを左右することがなきよう

男の名はジール・ジズ





さざめく輝石

張り詰める糸は弓、そして運命の

弾かれた先に射られるはあなたの心の臓

それでもたくさんの誰かがあなたを覚えている

彼女の名はスナミ・アルバ



黄金暦211年 8月

飛び散る蛮勇よ

その紅い流れは誰にも止めることができないが

きみがいくら疎ましがられ、自ずと顧みなくとも

無心の剣先が守ったものを私は刻みつけよう






砕かれた御影石

その大きな器の中の小さい芯にある激情よ

恐れ、悲しみ、怒りへまた憎しみがくべられたのか

急く事なかれ、間に生まれたお前ならば





黄金暦211年 9月

最後を締めくくるはお前

愛する弟が愛する屍へ、手向けはお前が作る骸の山

迷わぬよう紛れぬよう失くさぬよう握れ、強く

お前と彼らに違いはないのだから






ヤーテ・ラルエヘン



黄金暦211年 11月


不運なる息子

肉親へ歯向かう刃を持てず、運命に抗うそれを握る

安寧を望む君にはいささか過酷だったろう

安堵せよ、君は既に永遠の平穏にいる

彼の名はキー・エルゴ