レール・レーン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


「私はね、死にたくないのよ!」

             ――Rail=Lane

華やかな都会の裏っ側で、男性の商人を相手に、占いで生計をたてていた。
ある日「このまま売女まがいの占い師を続けていると死ぬ」ことが自分の占いにより判明したため、占いで食っていくことを辞める。
生きることが可能であろう道筋を探し、死を回避している内に冒険者になるはめになった。
自らの運命の先に見えるほんの僅かな光を手放すと死ぬため、常にスゲー必死。

自分の占いを強く信じているため、依頼は必ず生き残る筋道が見えると思えるものを選んでいる。
依頼内容の危険の度合いは彼女の前ではあまり関係がなく、その依頼を選ばない場合死ぬと考えている事が殆ど。

死にたくないため、可能な限り他人を盾にしたい。


冒険者になる前の生活 : 占い師
冒険者になったきっかけ : 運命に導かれて

金銭欲 : 皆無
名誉欲 : 皆無
正義感 : 普通
緊張感 : 旺盛
克己心 : 旺盛


まだ設定もデザインも変わるだろうけど



PL:りりんら
添付ファイル