ギュスターヴ・デュルフェ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


山岳方面で育ち、外部から来た人間には追い剥ぎなども行ってきた少年。
外見は、ぼさぼさの髪と日に焼けた肌。服は他人から剥いだモノのおかげでそれなりに見える。

剣と、特殊な糸で相手を縛ったり荷物だけぶんどったり。
うっかり死なせてもあまり気にしないほう。
女性相手の場合は、腋周りの服も剥ぎ取ってひとしきり興奮してから帰る。
汚したりはしないが。
男には興味がないので態度も悪い。

冒険者に紛れたら、初心者狩りで金を稼ぎつつ、
綺麗な女性にも会えるのではと思い参加を決意。

同行者さんには即手出しはしないけれど、女性の腋の辺りだけがっつり見てる。
男だらけだと実にどうでもいい態度しかとらない。






黄金暦211年11月:
女性2人。おかしい。どんどん時化てるじゃないか。
と思ったら、またもフランコと同行らしい。よく会うな。


黄金暦211年10月:
女性3人。またもや225の連中はいないようだ。
狼なんかには苦戦しなかったが、他の奴が開けられなかった箱でも分捕ってくればよかったか。
今日もやる気が出ない。


黄金暦211年9月:
女性4人。225の連中はいないようだ。
俺以外全員女性でもいっこうに構わないのだが、だいたい男が混じる。
そう仕向けられているのかってくらい。

依頼の方は、昨日よりかはやることあったが、…ゴブリンよか人間相手にしているほうが楽しいきがしてきた。
綺麗な女性陣には避けられてるってくらい合わないし。
ぱーっと派手そうなのでも行くか?
…派手なのにぶち当たって帰ってこない奴が多いのも知ってはいる、が。


黄金暦211年8月:
15歳女性4人。よし。
あと一人は……なんだ男か いや、フランコか。
生きていたんだな。
鉱脈探しも恐ろしいほど順調。
もうちょっと刺激的な依頼と出会いがあってもいい頃なんだがな…(情熱ダウン)
依頼のとりかたを変えようか。


黄金暦211年7月:
ラバックと、見知らぬ女性が3人。悪くない。
余裕余裕。宝もなかったが。

黄金暦211年6月:
ダブと、女性は一人きり。
財宝はあったが他の奴が持って行った。
『とても質の悪い指輪』なんて要らねーよ。これくらいで拗ねてない。

黄金暦211年5月:
レール・レーン嬢フランコとその他も女性3人。こうこなくっちゃな。
レール嬢は占い師だってよ。いいよなあ。山岳だけに居座っていたらなかなか会えないタイプだ。
これでこそ、こっちに来た甲斐がある。
罠で怪我したようだが、死なないでいてくれることを祈る。
外套も引っぺがせたし、今日はいい日だ。

黄金暦211年4月:
初戦。
リンデールとあと若い男と30のおっさん2人に…
女性は1人だけか。
おっさんと旅したくて来たんじゃないんだが。
まあ仕事の方はどうってことなかった。明日からが本番だそうだ。







※好感度は男性<越えられない壁<女性。
男性でも何度もご一緒したら腐れ縁状態とかいいかもなあ。
※扱いはご自由にぞんざいでもおkです。




山岳のギュスターヴ・デュルフェ ID:475162
年齢 : 16歳
性別 : 男
出身地 : 山岳
出身家 : デュルフェ
冒険者になる前の生活 : ごろつき
冒険者になったきっかけ : 裏社会に魅入られて

金銭欲 : 貧弱
名誉欲 : 皆無
正義感 : 皆無
緊張感 : 過剰
克己心 : 普通
情熱 : 1000
武器 : 剣


PL:はくしゃ(TwitterID:hksya)