※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ver. 5.0

The Tools Menu - ツールメニュー

ツールメニューからは、forScoreのたくさんの機能に素早くアクセスすることができます。これらの機能のうちの幾つかは、この説明書を通して詳細に解説されています。

楽譜の編集
  • Annotate:指先でページに直接描画。テキストの注釈を追加。スタンプツールを使って音楽記号の追加。
  • Links:リピートに素早く対応するための、楽譜内でのページ間のリンク作成。
  • Rearrange:楽譜内のページを、移動、複写、回転、削除。
  • Versions:PDFファイルに付けられたメタデータ、注釈、リンク、ノートをセットで保存、リストア。
  • Notes:ページごとの重要な情報を忘れないようにします。
  • Crop:画面の大きさに合わせてページの位置、サイズを調整。

楽譜の追加
  • Store:iPadに最適化された市販の楽譜を購入。
  • Browser:ウェブサイトからPDFファイルを直接保存。
  • Dropbox:安全に保護され、アクセスが容易なクラウドを利用してファイルをダウンロード、または、クラウド上に保存。(Dropboxのアカウントが必要)
  • Darkroom:iPadに保存されている写真からPDFファイルを作成。または、内蔵カメラで各ページを即座に撮影。

楽譜の共有
  • Email:PDFファイル、注釈付PDFファイル、forScore専用の4SCファイルを共有。
  • Bluetooth:近くのforScoreユーザーと無線で楽譜を共有。
  • Print:エアプリント対応のプリンターでiPadから直接印刷。
  • Open In:PDF対応のアプリへ楽譜を送ります。

More
  • Pitch:前もって聞くことで、正確な音程でスタート。
  • Piano:鍵盤を使って、トリッキーで活発な小節に取り組む。
  • Backup:forScoreのライブラリのバックアップを作成、リストア。
  • Support:forScoreについて学習。バージョン情報の確認。ライブラリの統計。質問や感想を送信。
  • Settings:より使いやすくするために操作設定をカスタマイズ。
  • TV Output:このセクションは、iPadが外部のディスプレイに接続されている状態で、アプリが起動した時に表示されます。解像度、回転、拡大、ストレッチに関するコントロールが備わっています。標準的なスクリーン・ミラーリング機能を超えた、この先進のコントロールを使用する場合に、比較的新しいiPadでは、このビデオ・アウトプット・モードを使用することはできません。

Tip:この中の多くのアクションは、「Settings」パネルで、3つのカスタマイズ可能なジェスチャーに関連づけることができます。