※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ver. 5.1

Adding Files - 楽譜の追加

訳注)forScoreで扱うことができるのは、PDFファイルです。PDFの楽譜を用意しましょう。

ファイルサイズについて
forScoreでは、事実上どのようなPDFファイルでも使用できますが、全てのファイルに完璧に対応しているわけではありません。ファイルサイズが非常に大きい場合は、上手く動作しません。これはforScoreに限らずiPadの全てのPDFリーダーも同様であり、ハードウェア自体の限界によるものです。

なので、自分の持っている楽譜をスキャンする場合は、何通りかの設定を試してみて、クオリティーとサイズのバランスの取れた設定を見つけて下さい。

訳注)スキャナーの設定:解像度(dpi)の設定を調整します。数値が大きい程クオリティーが高くなり、iPadで表示した場合により美しく表示されますが、その分ファイルサイズが大きくなります。

コンピュータからiTunes経由で転送
iPadをコンピュータにUSB接続して、iTunesのサイドバーかドロップダウンメニューでiPadを選択します。そうすると、iTunes上部にタブかボタンが並びます。その中から「Apps」を選択してください。
  • サイドバーでiPadを選択
または・・・
  • 右上部のボタンでiPadを選択
↓↓↓
  • Appsを選択

※iTunesはバージョンによって仕様が異なるので、詳しくは apple.com/support/itunes を参照してください。
訳注)アップルのサイトを見ても全然分からないので、見るだけ無駄です。

下の画像のようなボックスが見えるまで下方向へスクロールして下さい。左側「App」の欄でforScoreが選択されているのを確認して、右側「文書」の欄の下にある「追加...」ボタンをクリックし、コンピュータの中にある楽譜のPDFファイルを選択して下さい。1個または複数のPDFファイルを、Finder(Mac)やExplorer(PC)から直接、「文書」欄にドラッグして追加することもできます。

ファイルを削除するには、ファイルを選択(複数可)して、「delete」または「backspace」キーを押します。ファイルは即座にアップデートされるので、後で同期する必要はありません。


メールや他のアプリを利用する方法
「開く...」(open in)機能を利用できるアプリであれば、forScoreへPDFファイルをコピーできます。例えばメールアプリからの場合は、添付ファイルをタップし、指を離さずにおさえ続けると、ポップアップが出てくるので、そこで「forScoreで開く」(Open in forScore)を選びます。アプリによって微妙にやり方が違うので、各アプリの取扱説明書で確認してください。

注)メールアプリで、タップした指を押さえたままにしても、ポップアップが出てこない場合があります。その時は、添付ファイルが完全にダウンロードされていない状態です。(その場合、ダウンロードの矢印のアイコンが表示されている。)まず先にアイコンをタップしてダウンロードを済ませましょう。


ウェブサイトから楽譜を追加する方法
forScoreのアプリ内のストアでは、iPadに最適化された有料、無料の楽譜を見つけることができます。または、forScoreのウェブブラウザからPDFファイルをダウンロードしてライブラリに保存できます。PDFファイルへのリンクをタップしてプレビューか保存を選ぶだけです。
訳注)PDFファイルへのリンクのあるウェブサイトのURLを入力して表示する必要があります。

ファイルの削除
ライブラリーから楽譜を削除したい時は、メニューの中の削除したい楽譜を指で水平にスワイプします。確認を求められるので、うっかり削除してしまうことはありません。「編集」ボタンをタップして複数の楽譜をリストから一度に削除することもできます。

<< Previous | | Next >>