継母アニーラ第2章


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第2章 決断


どうしたの?深刻な顔しちゃって。
借金返済の相談ならのってあげるわよ?
…………
…有名な貴族だったんでしょ?
旦那さんは…まだ亡霊探しに夢中なの?
…ここは人手不足だと聞きましたわ。
確かに召使いを募集中だけど…
まさか、あなたが?
そうねぇ…雑用に掃除洗濯、料理までしてくれるんだったら
借金は帳消しにしてもいいかな~。
それに働き次第では、給料もあげてもいいわよ。
借金の踏み倒しは許さないけど、仕事で返済するってのは悪くないわ。
…分かりました。よろしくお願いしますわ。
話が早いね~。じゃぁ、明日からお願い。
あ…その前に一つだけ質問。
どうぞ。
名家の奥様が使用人をしてるなんて知れたら、陰で色々言われるかもしれないわよ。
どうしてそこまで…?
……全ては娘のためですわ。
ふーん…娘さん、2人だっけ?
…1人ですわ。
ご主人様 アニーラ…なんだか可哀想だね。
んー、まぁしょうがないでしょ。
あんだけシンデレラをいじめてたんだから。
ご主人様 あれ?シンデレラの味方?
ちょっとだけね。
わたしん家の掃除係をいじめられたんだもん♪