継母アニーラ第1章


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第1章 継母の本心


ご主人様 あれ?シンデレラって終わったんじゃ…?
なんでまた始まったの?
う~ん…たぶん、「希望の力」が足りなかったんだと思うよ。
このストーリーを通して、もっと力を集めるみたいね。
まぁでも、このストーリーも歪みの魔女によって変えられている可能性があるわ。
ご主人様 つまり、今回もストーリーの修正があるってこと…?
よくできました♪さすがご主人様!
ご主人様 やれやれ、またこのお調子者と一緒にいくのか…
…ん?何か言った?
どうしてこんな事もろくに出来ません?
何度教えても失敗ばかり…いい加減にしてもらいわいた!
…………
ですから、「役立たず」なんて言われるのです!
何をしても散らかしっぱなしで、整理一つできないんですから。
…………
なんとかおっしゃい!
それとも、お猿さん並みの頭だから
自分の考えも整理できないのかしら?
わ、わたし…
まぁ、驚いた!あの女と同じですわ!
口を開けば「わ、わたし…」、それしか言わない。
道理で父親に捨てられるわけですわ。
……ッ!!!
フン、逃げ足も速いこと。
何から何まであの女そっくりですわ。
…可愛げのない子。いつまでもあの女が母親なのね…
どうして…どうして、わたくしを母と認めてくれないの…?
これがサイドストーリー…
表では語られない、本音の物語…みたいね。
ご主人様 さっきのは継母かな?
そうね。この物語の主役は彼女に違いないわ。
気乗りしないけど…さっさとモンスターを倒しちゃおっか?