化学作用


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


電流循環に伴う化学作用

  • 化学作用に伴う生成物質名称分類
    • イオン:正負電荷特性を伴う原子
    • 電離:中性物質のイオン物質への分離現象
      • 電離に伴う生成イオン分類
        • 陽イオン:正電荷特性イオン
        • 陰イオン:負電荷特性イオン
      • 電離例:食塩水
        • Na + :ナトリウムイオン
        • Cl - :塩化物イオン
    • 電解質:水溶に対し電離を伴う物質
    • 電解液:イオン含有水溶液

  • 化学作用の生成に対する一部所要構造
    • 電極:電流循環用途の電解液への浸漬導体類
      • 陽極:陰イオンの凝集電極
      • 陰極:陽イオンの凝集電極

  • 食塩水における化学作用推移
    • 電圧印加に因る気体の精製
      • 陽極
        • 陰イオンの電子を吸収
        • 弱イオン化傾向に因り塩素ガスを生成
      • 陰極
        • 陽イオンに電子を放出
        • 弱イオン化傾向に因り電極に対し水素吸着
    • 電流循環継続に伴う低減/停止
      • 陰極への水素気泡吸着に伴い創出
    • 電流循環の復元
      • 陰極への2酸化マンガン等酸化剤の添加に因り酸化
      • 水素との結合に因り水を生成し電流循環復元

  • 電解液の抵抗/抵抗率
    • 抵抗:濃度上昇に対し減少
    • 抵抗率:温度上昇に対し減少

  • ファラデーの法則
    • 電気分解に伴うイオンの析出物質復元量は電荷量に比例
    • 物質量:原子/分子量:電荷量96500[C]に対し電気分解における原子/分子量は価電子の逆数に等しい
      • x[mol]:物質量
      • n[qty]:価電子
      • Q[C]:電荷量
        96500:\frac{1}{n}=Q:x
        96500:\frac{1}{n}=It:x
        96500n=\frac{It}{x}
        x=\frac{It}{96500n}[mol]
    • 質量
      • m[g]:質量
      • A:原子量
        m=Ax=\frac{AIt}{96500n}[g]
    • 参考:粒子/物質量単位
      • 6×10 23 [qty]:粒子集合数量
        1[mol]=6\times10^{23}[qty]