合成回路


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


直列素子構成特性

  • 抵抗の直列接続における合成抵抗
    • V[V]:合計印加電圧
    • V n [V]:単位抵抗における印加電圧
    • R n [V]:単位抵抗における電流循環抵抗
    • I[A]:回路循環電流
      V=V_{1}+V_{2}=R_{1}I+R_{2}I=(R_{1}+R_{2})I[V]
      R_{s}=R_{1}+R_{2}=\frac{V}{I}[\Omega]

  • 抵抗の直列接続における電圧比
    V_{1}:V_{2}=R_{1}I:R_{2}I=R_{1}:R_{2}

  • 電圧降下:抵抗前後の電圧差
    • E[V]:起電力
    • V[V]:電圧降下
    • R[Ω]:抵抗
    • I[A]:電流
      V=E-RI[V]


並列素子構成特性

  • 抵抗の並列接続における合成抵抗
    • I[A]:合計循環電流
    • I n [A]:単位抵抗における流動電流
    • V a [V]:並列接続抵抗における印加電圧
      I=I_{1}+I_{2}=\frac{V}{R_{1}}+\frac{V}{R_{2}}=\frac{R_{1}\cdot R_{2}}{R_{1}+R_{2}}V[A]
      R_{p}=\frac{R_{1}\cdot R_{2}}{R_{1}+R_{2}}[\Omega]

  • 抵抗の並列接続における電流比
    I_{1}:I_{2}=\frac{V}{R_{1}}:\frac{V}{R_{2}}=\frac{1}{R_{1}}:\frac{1}{R_{2}}