灌漑


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作成時のVersion 0.31.18
最終更新Version 0.31.18

灌漑

概要

DF2010では、灌漑は主にゲーム初期に地下の農場を動かすために必要になるものである。
灌漑を行い水を撒くと、水が引いた時に地面には泥(Mud)が残り、これが地下に植物を植えるときに必要となる。
ちなみに地下洞窟には泥が元から存在しているため、灌漑無しで植物を植えることができる。
また、地上の植物は地面が石でなければよい。もちろん泥であってもよい。

方法

どんな方法でもよいので、一度でも水が該当するタイルにかかればよい。以下に具体例を挙げていく。

隣の小さな池をぶち抜く

そのまま。だけどできるのならひとつ上の場所からChannelをあけて水を流すとMinerがおぼれずにすむ。
また、池は基本的に雨が降るたびに水が補充されるため、ちょうど良い量を流し終わったら壁でふさいでおく必要がある。

Leverを用いる建造物による灌漑

Flood GateやFloor Hatchなど、Leverを用いることで開閉できる建造物を利用して灌漑を行う方法がこれになる。
具体的には下の写真で

#ref error : ファイルが見つかりません (fgfarm.png)&br()

これはLeverとFloodGateをつなげて灌漑をしてある。Doorは水を引き込んでいるときに階段まで行かないようにするために使っていた。
水源とつながるタイル(この図ではFloodGateの左のUpward Rump)はFloodGateが完成してから上から彫る必要がある。
余談だが、この図のように農地の隣に数タイルの種置き場を作っておくと苗を植える時間が短縮される。

利点

  • 川を利用できれば多い流量で短い時間でできる

欠点

  • レバーの操作に暇人が一人必要
    暇人がいない場合、いつまでも流れ続けて農地がプールになる可能性がある
  • 細かい流量操作は若干苦手
    レバー操作にはある程度の遅延が存在する

Pumpを用いる灌漑

Screw Pumpを用いてひとつ下の階層から水を流し込む方法である。

利点

  • 流量の細かい制御が可能

欠点

  • 誰か一人が長い間拘束される

Bucketを用いた灌漑

Activity zoneの設定で、農地予定の場所をPondとして指定すればDwarfたちがバケツで水を入れようとする。

利点

  • 複雑な下準備は不要
    ひとつ上の階層に穴を明けてPond指定すればよい
  • 水源の距離に左右されない
    Dwarf達が遠くから水を汲んできてくれる

欠点

  • 人や資材を多く利用する
  • 基本的には2タイルの幅を持ったものしか作ることができない