Carpenter


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

攻略記事>>>スキル

作成時のVersion    
最終更新Version 0.31.18

Carpenter

大工職人。
Carpenter's Workshopから家具などを作るスキル。
スキルランクが上がると作業時間の短縮や品質の向上が見込める。
また、木製の床や壁の建設の際にも適用される。

家具を作る

ほとんどの家具類は木で作ることが出来る。
特にbed(ベッド)は木でしか作れない。
高品質のベッドで眠るドワーフは上機嫌を保ちやすくなる。出来る限りスキルを上げておこう。

その他の家具としては、主にbin(貯蔵箱)やbarrel(樽)、bucket(バケツ)などの容器類を作ることになるだろう。
金属製の容器より軽いので、各種の運搬作業もはかどるはずだ。
石でも作れるものについては、木や石の生成量を考えて、どちらにするか決めると良い。
設置して動かさないような重い石の家具はMasonに任せよう。

  • 但し、非金属製のbarrelを食い破って中の食料をかじるVerminもいる。
    ネズミに備蓄食料をかじられたくないのなら金属製のbarrelに詰めるなり大量の猫を集めるなりする必要がある。

最近ではBlockも作ることができるようになった。

武具を作る

防具としては木製の盾(buckler/shield)を作ることができる。
金属盾の生産が間に合わない時や、身軽な兵士を配備したい時にどうぞ。
ちなみにドラゴンの炎も防げる謎仕様となっている。

武器に関しては、罠専用の武器なら木でも作れるものがある。(menacing spike/enormous corkscrew/spiked ball)
金属製のものに比べて威力は落ちるが、生産が間に合わないときには仕方が無い。
水用ポンプとしてしか使わないならcorkscrewは金属や燃料を使わないなら優秀である。

またver0.31からは、各種の練習用近接武器(Training Axe/Sword/Spear)も作成できるようになった。
これらは竹刀のようなもので、ドワーフには怪我をさせない造りになっている。
兵士達のcombat drill(戦闘教練)やsparring(スパーリング)に重宝するだろう。
但し実戦でも相手に大怪我をさせないので、実戦用武器に持ち替えさせること。

  • ちなみにWood cutterにTraining Axeを持たせても木を切れます。木製なのに。

その他、兵士達が携帯するような武器は、基本的にはCarpenterには縁のないものだ。

  • 実戦用の近接武器(swordやaxe等)は木では作れない。
  • 飛び道具のcrossbowはBowyerが担当。wooden bolt(木製の矢)はWood crafterが担当。

医療品を作る

ver0.31にて、衛生の概念と病院での治療が導入されたのに伴い、Carpenterが作れるものも多少増えた。

  • splint(添え木):骨折箇所を固定する。
  • crutch(松葉杖):足を怪我した/失ったドワーフに持たせ歩行を助ける。