※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

領土について

惑星の地表には複数の管区が設定されている。これらの管区を獲得することでコーポレーションの領土をすることができる。
現段階では、モルデンヒース リージョンの温暖惑星(18個存在)上に5~24の管区が設定されている。

領土獲得のメリット

クローンの生産

各領土はタイマーごとに80体のクローンを生産し、最大300体まで保有できる。(各種条件により変動有)
クローンは侵攻戦や防衛戦で使用する他、余剰分を売却してコーポレーションの資金とすることができる。
クローンは領土の「クローン売却」オプションから1体あたり100,000 iskで売却できる。
売却の結果領土の保有クローンが0になってしまった場合、領土を放棄したと見なされるので注意。
尚、領土のクローンが最大保有数を超えた分については自動的に売却が行われる。

地表施設による効果

各管区ごとに地表施設(SI)を設定することができる。
種類ごとに異なるボーナスを得られる。
地上施設の変更には100M iskのコストを要する。

カーゴハブ

DUST:クローンの最大保有数+150体
EVE:POSでの製造時間を短縮 1箇所につき10% 最大40%

地表研究所

DUST:クローン移送時の損耗を軽減
EVE:POSの燃料消費量を軽減 1箇所につき5% 最大20%

生産施設

DUST:クローンの生産数+20体
EVE:未実装 (PI資源産出量ブースト予定)

クローンの移送

領土の保有クローンを他の未ロック状態の領土に移送することができる。
最小移送数は150体。
移送先の領土はロックされてしまうので、複数の領土から同時に一箇所にクローンを移送することはできない。

移送に際しては、移送費用となぜかクローンの損耗が発生する。

移送費用

移送距離に応じて決定される。

移送距離 移送費用
惑星上 3M isk
恒星系内 3.5M isk
1ジャンプ 4M isk
2ジャンプ 4.5M isk
3ジャンプ 5M isk
4ジャンプ 5.5M isk
5ジャンプ 6M isk
6ジャンプ 6.5M isk

クローンの損耗

同じく移送距離に応じて損耗割合が決定される。
地表研究所を設置することで損耗割合を軽減できる。

移送距離 通常時 軽減後
惑星上 100% 100%
恒星系内 95% 100%
1ジャンプ 80% 95%
2ジャンプ 65% 85%
3ジャンプ 50% 75%
4ジャンプ 35% 65%
5ジャンプ 0% 55%
6ジャンプ 0% 45%