※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

惑星侵攻の宣言

領土を持たないコーポレーションはクローンスターターパックを購入する必要がある。
内容はクローン150体で、価格は80M isk。
既に領土を獲得しているコーポレーションは自領土に存在するクローンを用いて侵攻戦を行うことができる。

CEO、またはディレクター権限によって他の領土への侵攻を宣言することができる。

侵攻戦開始時間のコントロール

侵攻戦に際して防衛側が対応できるように、侵攻の宣言から実際の戦闘開始までに最低24時間の猶予が与えられる。戦闘開始時刻は防衛側が設定したレインフォースタイマーによって決定されるため、侵攻側はそれに合わせる必要がある。尚、メンテナンスが行われる時間帯の前後(日本時間19:00~20:00、20:00~21:00)は設定することができない。

侵攻戦の形式

ゲームルールはスカーミッシュ。
相手のMCCを先に破壊するか、相手のクローンをすべて破壊することで勝利することができる。
尚、一度の戦闘ごとに最小損失として両陣営は150体のクローンを失う。

戦闘結果による影響

侵攻側がMCCを破壊して勝利

  • 防衛側のクローン保有数が最小損失150体を差し引いてもまだ残存する
領土は防衛側が維持。
侵攻側の残存クローンは移送元に戻される。
ただし次回のタイマーではクローンの補充が行われず、その予定生産量の50%のクローンを侵攻側が獲得する。
  • 最小損失を差し引いた結果防衛側のクローン保有数が0になる
領土は侵攻側が獲得。
侵攻側の残存クローンが領土に保管される。

侵攻側がクローンをすべて破壊して勝利

領土は侵攻側が獲得。
侵攻側の残存クローンが領土に保管される。

防衛側が勝利

領土は防衛側が維持。
侵攻側の最小損失の50%が防衛側の保有クローン数に追加される。