※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■キャラクター名
マスク・ド・隼(はやぶさ)

■学年
高校3年

■性別

■所持武器/部活動/委員会/所属校
所持武器:レスリングブーツ 部活動:総合格闘技愛好会 委員会:風紀委員会 所属校:雛代


■ステータス
攻撃力:5 防御力:0 体力:7 精神力:3 反応:15 FS名:重力抵抗 FS:0

■特殊能力名
神風HAYABUSA特攻(カミカゼ ハヤブサ アタック)

■特殊能力内容
効果: 攻撃力5上昇 40
範囲+対象:自分自身 *0.75
持続時間:2ターン *1.5
時間付属:カウント遅延1ターン *1
消費制約:体力3消費 15

非消費制約1:初期位置でしか使えない *0.95
非消費制約2:DPで負けているときのみ発動可能 *0.85

■能力原理
大日本帝國海軍が誇る主力艦上戦闘機、零式艦上戦闘機二一型の神風特攻(バンザイアタック)から発想を受けた魔人能力。


命(体力)を糧に攻撃力を極端に高め、眼前の仇敵を単身殲滅する。

能力発動後は自分が死ぬまで止まらない、正に「神風」の如き魔人の力なり。

命朽ち果てる迄は能力が止まることは無い、もし止まることが有るとすれば、それは死ぬときだけ・・・・・・。

■発動率
79%

■キャラクター説明
一九五〇年八月一五日に産まれた少女、奇しくも太平洋戦争終戦日と同じ月日である。

素顔を覆面(マスク)で隠し誕生日以外が一切謎の覆面女学生ファイター、それが彼女、マスク・ド・隼(偽名)なのだ!!

格闘スタイルは打撃と関節技を主に使うが投げ技も得意ではあるらしい(本人談)

零式艦上戦闘機二一型の"神風"に触発され、気付いた時には魔人になっていたとのこと(本人談)

ちなみに、覆面を被ってる理由は単にカッコイイからで、名前も単にカッコイイからだそうな・・・・・・

身長は170cmで髪は漆のような黒髪長髪の覆面美少女。

■マスコット名
怨魂(オンタマ)

■マスコット説明
見た目は毒々しい紫色の人魂状な物に鬼のような角が二本生えた感じの怨霊、怨霊だが性格はおとなしく割と良識派である。
生い立ちや生年月日は不明だが、日本各地を浮遊(放浪)していたとき、怨魂を目撃(発見)した隼(当時5才)に捕獲(拉致)される。
ちなみに、話し方は広島弁だったり大阪弁だったりとキャラが確立してない様子・・・・・・。
「鬼ヶ島の鬼は良い奴らだったんじゃけぇ、ホンマは桃の字(桃太郎)が勝手に来襲した挙句、『鬼は悪もんじゃー!!』言うて皆殺しにしたんじゃき!!あいつは極悪人じゃ(怒)」

■技(ダイス目1)
回避(2面まで)

■技(ダイス目2)
気合

■技(ダイス目3)
神速攻撃

■技(ダイス目4)
回避(2面まで)

■技(ダイス目5)
神速攻撃

■技(ダイス目6)
発勁

■エピソード
エピソード「誓い」



私の父上は太平洋沖で討死にされた、大日本帝國の誇る連合艦隊旗艦と共に最期まで御国の為と戦ったのだと、母上は涙を流しながら幼き頃の私によく語り掛けたものだ。



母上、私は強くなります・・・・・・。

強くなって、弱い人達を守れる父上のように立派な御人になってみせます。

見てて下さい、父上・・・・・・。

そう------

私は父上の墓前で誓ったのだ・・・・・・。

この力を弱き者のために揮うと------

そして、この頃から私は"隼"の覆面を被り始めた。

それは私が5才の時だった。



---そして---



月日は流れ私は12才になった。



「ここが魔人の巣食う学園・・・・・・」

私のような異能(魔人)の力を持つ者が群雄割拠する学園、それがここ------

「中高一貫の公立、雛代学園か・・・・・・」
「なんや嬉しそうな顔しとるのぅ鬼姫?」
「ちょっと怨魂、ここでは"隼"と呼びなさいよ(汗)」

嬉しい?

そうかも知れないはね、あの誓いから私がどれだけ強くなったか、それを確かめる為に私はここへ来たのだから。

だが、このときの私はまだ知る由も無い------
そして私は後に知ることとなる------

この学園で起こる忌わしき事件を。

(終)