※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クラン戦について

当クランはクラン戦に積極的に参加しております。
また、クラン戦をやるからには基本的には勝てるようにがんばりましょう!
ここからは、クラン戦に勝つための立ち回り方などを紹介していきたいと思います。
基本的に爆破です。

基本的なこと

死なない。これ大事。
といってもひとりで凸るなとかそういうあれ。
守りで前で過ぎて単独死とかもダメ。出るなら味方と一緒に出ましょう。
二人とかで詰めて死ぬのはしゃあない。

また、これにより野良ではよく見るような立ち回りでもクラン戦では
あまりオススメされない立ち回りもあります。
野良では人数が多かったりするのもあり、
例えばFOXの1はポイントで守ることが主流。
しかし、クラン戦では相手がグレをガンガン投げてくるため推奨されていません。
赤マンにいるのがお手軽で強ポジだったり。

守りでの裏取りですが、基本的にはPM以外は積極的に狙う必要はありません。
といっても難しいのはここからでPMだからといってただ闇雲に裏取りをしにいっても
意味がありません。野良とは違い人数が少なく、相手も音をしっかり聞きVCで報告をされて
しまうからです。相手の虚をつく立ち回りが求められます。
試合の状況によっても変わりますが、一番の理想は相手が攻めに入ったときです。ここで裏を取れればポイントを守る味方と挟撃することができるからだぜ。


声出し

敵の位置報告はできるだけ正確に行いましょう。
できれば相手の兵種や名前を伝えられるとGOOD。

なにか行動をするさいには必ず報告してください。
「キャット入るわ。」「ロングはずすよ。」などのどこか詰めるときや
自分が見ている場所を一旦離れたり違う場所を見る場合は報告をしないと
味方は的確な援護ができません。
タブは頻繁に開いていますが、無言で詰められても気づかないときもあります。
グレひとつ投げるにしてもどこにグレを投げるか報告してみましょう。

また自分が味方になにをしてほしいか、どんどん言ってみてください。
「キャット詰めるからフラグレ入れて!」など。
このとき誰か指名すると迅速に行動できます。

「ナイス!」「もう1本とろうぜ!」などのように
VCを盛り上げることも重要です。


カバー

敵を確実に倒す、もしくは最低1対1交換を行うことはcwにおいて
かなり重要。
人数差が2人できてしまうと相手の守りを崩すことが難しくなってしまうからだ。
じゃあどうするか、ていうとよく言われるツーマンセルとか複数人で行動すること。
まあようは危険な場所に一人で行くことは避けるてこと。重要拠点は最低二人で攻めましょう。そのときに必要になるのがカバーとかなんだよううう。

ツーマンセルとか守りにおけるカバーの説明。






シフト


守りでのシフトは大事。
クラン戦は野良とは違い、相手が連携を組んで一気に攻めてきます。
マップによって違いがありますが、1つのポイントは2人ぐらいで守っていると思いますが
そこに相手が5人で攻めてきたら普通は負けてしまいます。
そこで、重要なのがシフトです。

 守っているときに相手の出す音やグレの数、スモークがきたら
「こっちきそう!」て思うやん?
そうしたら最低、「こっちかも!」とか声出しする。
これがないと違うポイントを守っている味方はなかなかシフトしづらい。
できてもタイミングが遅れてしまうこともおおい。
 次に声出しができるようになったら味方のシフトまで粘る!
これが最初は難しいけど、基本は下がって守るか味方とクロスして守っておくなどしておく
のが簡単かも。ポイントが部屋や建物内部なら入り口にあらかじめグレを置いておくなどする
と効果的。敵が入ってきても分断できる。



テクニック?


裏取りは成功すれば大きな戦果にもなります。
しかし、ずっとダッシュしていては敵に足音で気づかれてしまいます。
かといってサイレントにこだわりすぎても間に合わずに大失敗となってしまいます。
ここらへんは敵がいる場所近くまでダッシュしてあとはサイレントだとか個人の経験や
テクニック、判断によるところも大きいですがこれを少しでも連携で成功させれば
大きな戦術となるでしょう。
足音が聞こえるからばれてしまうのです。もちろん状況によっては裏を警戒している敵が
いるかもしれませんが足音をできるだけ相手に聞かれずに近づくためにはどうしたら
いいかという点が重要です。
裏取り以外にもジャンプしなければ乗れない場所などに乗るさいにも音をどうするかというのは重要になってくる。

銃声orグレで消す

これがけっこう大事。敵や味方がどこかで交戦しているタイミングだけ走る。銃声がやんだら
すぐにサイレント移動。FGなどの銃声が大きいタイプだとやりやすい。
これを連携にしてしまうのが、
味方がわざと銃声やグレを投げ込んでその音が出ている間に走って近づく、というもの。
裏を取りに行った味方とポイントなどで守っている味方で敵を挟み込むさいにはやったほうが成功するんじゃないだろうか。
グレ音は爆発のさいの短時間しかないかわりに裏取り味方と挟むのがひとりでもやりやすいかもなー

挟まないと裏取りした味方がお亡くなりになるかもしれないので
そこらへんとの兼ね合いも重要なんですけどね。
インドのダクトのジャンプ音は消しましょう。