※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カバーをしましょう
        おわり
これだけじゃ何かわかりませんよね

めんどくさかったら③だけ読めばおk

①クラン戦での人数差
②カバーとは何か?なぜ必要なのか?
③カバーをするにはどうしたらいいのか?
今回はこの三つに分けて考えましょう

①.クラン戦での人数差



まず第一にクラン戦での人数差は絶対的に有利です
VCが繋がっているクラン戦では野良よりも場所を把握しやすいので
人数差は野良よりも有利に働くことになります
2on1の状況でVCで連携を取ってクロスファイアを組まれれば
相手がfuckin noob二人だろうと勝てません
クラン戦では相手の生きている数と位置について常々把握と管理を忘れないようにしましょう


②.カバーとは何か?なぜ必要なのか?



簡単に言えば人数差を作らないためにする味方を援護する行動です

なぜカバーが必要なのか

一人の人間が毎回100%撃ち勝つことは格下相手でもない限り不可能です
撃ち合いの強さが格上や同格程度の相手に撃ち合いにおいて勝つには
カバーの仕方を例として2つ書くと

1.味方が一人倒された時その相手をその相手をカバーを取って倒す
味方が敵に倒されたときその敵を倒し返せなければ
人数差が一人ついて4-5という不利な状況のままラウンドを進めていくことになります
クラン戦では人数差は絶対の有利です
なので必ずカバーを取って味方が撃ち負けても
味方を倒した敵を倒し返して人数差なくゲームを進めていけます
またより早く味方が撃ち合っているところに援護に入れば
逆に人数差をつけて5-4にすることも可能です

2.撃ち合いにおいて有利な状況を作り出す
撃ち合いに行く前に
グレを投げて敵をグレで飛ばしたり動かしたり足音を消したり
スモークを投げて敵の射線を遮ったり敵を動かしたりする
そうやって撃ち合いが有利になる状況を援護して作るのもカバーです

③.カバーをするにはどうしたらいいのか?


①と②は考え方の部分です
具体的にクラン戦で何をすればいいか

1.味方の位置を常に把握する把握させる
味方が何をしようとしているのか自分が何をしようとしているか
VCを繋いでいるのはこの為にあります逐一報告しましょう

2.味方との距離を詰める
味方との距離が遠いと
味方が撃ち合いに勝った場合は逃がすことが出来ず味方が倒されてしまい
味方が撃ちあいに負けた場合は味方を倒した相手にそのまま逃げられてしまいます
撃ちあいのカバーにいつでも入れるように味方との距離を詰めましょう

3.勝手に一人で撃ち合わない
自分のタイミングで一人で勝手に撃ち合えば
撃ち負けたときに味方はその人数差を埋められません
味方に自分の行動を把握させてから撃ち合いましょう

4.味方が見てない方向を見てあげましょう
味方が一つの方向だけ見て撃ち合いに集中できれば
戦いやすくなりますそうすれば味方も自分も挟まれにくくなり
撃ち合いに勝ちやすくなります

おまけ 良いカバー
ヘルス満タンで一人残るよりヘルス半分づつで二人残ったほうが有利です
倒されそうな味方がいるなら交戦に加わってその相手を二人でなるべく早く倒せば味方は一人生き残ります
逆にカバーが遅れれば味方を一人失い最悪自分も倒されるかヘルスが減ります
どうせヘルスが減るなら味方が多い方が良いですよね
味方が最終的に生きていれば良いので
味方と撃ち合っている敵を正面からだけではなく横から倒しに入ってもそれは良いカバーです

ここに書いたことだけがカバーじゃないので