【IEBand】IEツールバーを簡単に作成できるコンポーネント集【お手軽自作】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

こんばんは。

動画製作スタッフです。

 

以前から作ってみたいと思っていたInternet Explorer(IE)専用ツールバーとか作って見たいという方も多いはず。

また、開発現場で顧客(クライアント)からの依頼があったのに、

意外と製作資料が乏しくて製作に四苦八苦・・・ということも少なくはないようですね。

【有名な所ですと】下記のサイトがありますが・・・

.NETでLAN転送速度を測定するIEツールバーを作る:CodeZine

 Extending Explorer with Band Objects using .NET and Windows Forms - CodeProject(BandObjects ライブラリの元記事)

実際に記事に書かれている通りにVB.NETやC#.NETで開発しても

うまく製作することができません・・・

というかコンパイルも上手く通らないのが実情です。

さらには、表示できても「BandObjectを利用したIEツールバーのGripperが表示されない」という現象もあるようです。

 

こうした情報で作成していては一生作れないので、

ここで新たなサンプルとなるソリューション(プロジェクト)を投入。

IEツールバーサンプル1.0

http://online-de.from.tv/okumura_denki/2013090900ietoolbar/IeBdDoRevolutionsSample.zip

とりあえず動かしたい→【binの中身】

・IeBandDoRevolutions.dll(ツールバーの基礎部分)

・IeBdDoRevolutionsSample.dll(本体)

・Interop.SHDocVw.dll(表示で使うみたい)

・gacutil.exe(IE登録してくれる)

・RegAsm.exe(IE登録してくれる)

・アンインストール管理者.bat(ツールバー削除自動化バッチ)※右クリックで管理者実行

・インストール管理者.bat(ツールバー登録自動化バッチ)※右クリックで管理者実行

 

動作チェック、ウィルスチェックなどは実施しておりますが、

くれぐれも自己責任でご利用ください。製作者および当サイト管理者は一切の責任を負わないものとします。

 

【ソースの詳しい説明】

①IeBandDoRevolutions.dll(ツールバーの基礎部分)とInterop.SHDocVw.dll(表示で使うみたい)を

参照設定して元になるクラスが利用できるようにします。

②新しくユーザーコントロールを作成して「IeBandDoRevolutions」を継承します。

 必要なボタンやテキストボックスなど好きに貼り付けて行きます。

③仮に「samplebar」という名前にするとsamplebar.dllが作成されます。

 このsamplebar.dllをインストール管理者.batに書き加えます。

 もとのIeBdDoRevolutionsSample.dllをsamplebar.dllに変える。

④バッチ実行で「Strong Name・・・」というエラーが出たら厳格な署名が求められておりますので、

 sn.exeでキーを作成してください。好きな名前.snk

sn -k (好きな名前).snk