赤沢レッド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

赤沢レッド:登場デュエリスト


  • 特徴
本編及びドラクエ7の主人公。
初期の肩書きである漁師の息子からも分かる通り、村一番の漁師ボルカノと料理上手の母マーレの間に生まれた凡人。
「赤」と書かれたダサい帽子をかぶったさえない少年であり、ケンと並べるとよく「くさそう」と言われる。
他のメインキャラと比べても比較的唇が熱い。
彼の仲間の指摘によれば、お人よしでおっとりとした性格であるようだ。
グランエスタード王子キーファと非常に親しい友達であり、 幼馴染に網元アミットの娘マリベルがいる。
ひょんなことからキーファと共にエスタード島の遺跡の謎を解き明かすことに。
実はその遺跡は、世界中に散らばった石版を集めて、封印された島々を復活させる、そんなことができる遺跡であった。
以降、あっちこっちで人間の醜い部分と直面しながら、やがてマリベル、元狼のガボ、ユバールの踊り手アイラ
かつて神とともに魔王と戦った伝説の英雄メルビンとともに、魔王に立ち向かう。
ストーリー上は完全に明言こそされてはいないが、海賊団マール・デ・ドラゴーン統領シャークアイと、人魚になったアニエスとの子供が、水の精霊の力でマーレのお腹の中に移し替えられた、水の精霊の紋章型のアザはその証拠、という説が非常に有力。実際Disc1のマリベル一時離脱から、Disc2の4精霊復活までの間のストーリーは、そうであることを示唆する伏線だらけである。
魔王オルゴ・デミーラを滅ぼした後、王にも海賊の統領にもなれたが、結局漁師となることを選んだ。
様々な職業を経験し、世界を救った英雄だが、漁師としては掛け出し。雑務に追われる毎日である。

同じDQ好きであるマーブル君や勝手に大親友認定してくるジェードなど友好的に接してくれるキャラが多い。さすがは主人公と言ったところか。
もちろん、メルビンらドラクエ7の仲間とも互いに相性がいい。
また、ドラクエ主人公特有の懐の広さを表わしているのか、敵キャラクター含む大体のキャラクターを彼のもとに連れて行っても、普通以上の相性で接してくれる。ただし7以外のキャラクターであるテリーなどを連れていった場合は機嫌を損ねてしまう。

パートナーデッキは、魚族デッキ。
切り札の超古深海王シーラカンスが出せるようにこちらも協力してあげよう。


  • 出現条件
最初から登場。

  • お気に入り

  • 使用デッキ
デッキ名 レベル デッキ使用場所
英雄、希望を広げ 6 パートナー、2周目以降ランダム、イベント
少年、世界を開き 4 1周目、2周目以降ランダム、イベント
勇者、楽園に至る 8 2周目以降ランダム、イベント
人は誰かになれる 9 禁止・制限解除

  • ストーリー
サブタイトル 信頼度 相手
WRGP 1回戦 ハート1 ジャンアンドレ
WRGP 準々決勝 ハート2 山下太郎林吉蔵or谷川甚兵衛
WRGP 準決勝 ハート3 ハラルドドラガンorブレイブ
WRGP 決勝 ハート4 不動遊星十六夜アキ(NO)



  • フィールド上会話
シングルデュエル タッグデュエル
デュエル申し込み デュエル?
おう、いいよ
タッグデュエルか!
オラわくわくしてきたぞ!
よし、そこの君!
オラの仲間になってくれよ~
勝利 オラのデッキに太刀打ちできんで
キリキリ舞いじゃけぇのう!
どんなもんじゃい!
人は誰かになれる
敗北 むほー
そりゃないぜ!
オラたちの負けか、しょうがねえなぁ
引き分け おいおい引き分けか おいおい引き分けか
プレイヤー2 タッグデュエルか、いいぜ!
オラが力になるけぇのう!


  • パートナー時
自分がデュエル パートナーがデュエル タッグデュエル
デュエル申し込み がんばれよ、プレイヤー!
オラがしっかり見守ってるけんのぉ!
ほら行くどー オラたちが手を組めば勝利は確実じゃけん!
勝利 すごいな、プレイヤー
どうやったんだ?
やったぁ!
どんなもんじゃい!
やっぱりオラたちゃナンバーワン!
敗北 相手も強いからね、しょうがないね 怒っちゃいや~ん あーっ!
引き分け おいおい引き分けか おいおい引き分けか

  • 挨拶
機嫌 パートナーなし パートナーあり
最高 オーッホホホホ!
会えて嬉しいぜプレイヤー!
パートナーとプレイヤーか
人は誰かになれる
良い プレイヤーか!
う~んかぐわしい香り
パートナーとプレイヤーか
調子はどうだ?
普通 プレイヤーか、おはよ! パートナーとプレイヤーか
何か用かい?
悪い プレイヤーか、おもんねーわ パートナーとプレイヤーか
お前らは7に出ないから嫌いだ
最悪 用なんてねえんだよこの野郎 ダメージコントロールフノウ
キノウテイシ…
  • 特定のキャラをパートナーにして話しかけた場合、変化する呼称
    • 特になし