オリジナルfirmwareへの復旧方法 > TFTP転送 > (1)純正firmware転送(Buffalo)

DD-WRTまとめwikiの情報では他にもTFTP転送できる機種があるようです。

バッファロー純正ファームウェアをそのままインストールできる機種

以下の機種はBaffaloからダウンロードできるアップデート用ファームウェアを
起動時にTFTP転送してインストールすることが出来ます。

WHR-G301N
WLAE-AG300N

TFTPでのインストール方法(4)OpenWRT-WHR-G301N編を参考に、
OpenWrtのimageファイルの代わりに
exeを展開して得た純正のアップデートファイルを転送してください。

バッファロー純正ファームウェアの加工が必要な機種

BHR-4RV
WZR-RS-G54HP
WHR3-AG54

これらのBCM47xx系SoC機種の場合は逆にメーカー純正ファームウェアの先頭のヘッダ情報を削除することで
起動時にTFTPインストールができるようになります。
Binaryデータの先頭が HDR0 から始まるように先頭のヘッダ情報を削除します。

必要なもの

  • バッファローの純正ファームウェア
機種 ファームウェアバージョン
BHR-4RV ver 2.54
WZR-RS-G54HP ver 2.54
WHR3-AG54 ver 2.23
  • Linux/UNIX環境
dd が使えればOKです。
  • Windows上で実施する場合
バイナリファイル先頭削除ツール headcut.exe など。→Google検索
※FoxeditorやBZ等の任意のバイナリエディタを使って手動で作業してもいいです。

加工方法

それぞれの削除するのは以下byte数です。
機種 ファームウェアバージョン 削除する先頭byte数
BHR-4RV ver 2.54 34byte
WZR-RS-G54HP ver 2.54 39byte
WHR3-AG54 ver 2.23 36byte

  • Linux/UNIX環境
以下コマンドでヘッダを削除します。
[bash ~]$ dd if=bhr4rv_254 of=bhr4rv_254_tftp.bin bs=1 skip=34
[bash ~]$ dd if=wzrrsg54hp_254 of=wzrrsg54hp_254_tftp.bin bs=1 skip=39
[bash ~]$ dd if=WHR3AG54_223 of=WHR3AG54_223_tftp.bin bs=1 skip=36

  • Windows上で実施する場合
headcut.exeを使う場合には以下のようにします。
C:\headcut.exe 34 bhr4rv_254 bhr4rv_254_tftp.bin
C:\headcut.exe 39 wzrrsg54hp_254 wzrrsg54hp_254_tftp.bin
C:\headcut.exe 36 WHR3AG54_223 WHR3AG54_223_tftp.bin

バイナリエディタを使って手動で削る場合にはこちらのサイトを参考にしてみてください。

インストール方法

TFTPでのインストール方法(2) OpenWRT-BHR-4RV編 と同様の方法で起動時にTFTPクライアントから転送します。
これらの機種の場合にはスタティックに登録するMACアドレスは各機器のLAN側MACアドレスになります。(底面のラベルに書かれています)